大師は豎の人
朱紫両系統の思想観
建議案より最高委員会へ(管長問題前途)
土地整理と史的意義
布教第一(空論を止めて大工小屋へ)
大乗仏教と維摩会の再興
其の孔子と絶対の自由
尖端を行く高野山より
待望の人
三教指帰講話
津浦鉄路を第一線に
寺院副業の実際
大真言宗の前途を祝して
宗団戦時体制強化策
啓示論
栂尾氏足下
我邦僧界の二面観
寺門の興隆
肉体に及ぼす観念の力
唐詩選釈
布教論
弘法大師の偉業
真空律師伝
秩父伝道より
大師の幼時と家庭教育
ありがたき人を思ふ
高野派部会の成績
真言宗と自分
満鮮巡教所感
善通寺問題
望む平凡事
真言宗合同の回顧と希望
国と共に生き国と共に歩む
学制問題管見
修養録
故フェノロサ氏に就いて
天狗の鼻
完全なる宗教の自由
外観に走れる日本の文明
故園の風物
宗教の社会的機能
貧富問題
四国巡拝の動機と其の感想
寺院中心の社会教化
過去の罪と現在の人格
宗立学校を開放せよ
新らしく生くる者は誰ぞ
速に三派合同の実現を希望す
気慨と慈悲(尚武の節句に因みて)
制調の報告を待つて
寺院殿堂の新使命
現代我宗に於ける歌よみの歌を評す
全国支所長会議に列して−展望私観
仏祖真心禅格抄 1巻
真言宗合同の意義
弘法大師の対外策
仏教の真髄
渡韓せん耶
「高祖全集」に就て
信仰の中毒
戦後の宗教問題
意識の窒息と活宗教
社会の要求と吾人の覚悟
金勝王経秘密伽陀の心
寺院を社会中心とせよ
釈尊と救済の理想
白雲の峰より
僧侶遺族保護会を起せ
「京洛日記」より−「そねみ」と「にくしみ」
自治布教中心の提唱
綱紀問題と宗徒の再教育
東寺新画の文殊菩薩像に就いて
私家の宗法と宗徒教育問題
新真言宗に対する希望
錬成としての錬成と勤労による錬成の問題
発菩提心
寺院財産調査局に対する希望
演説家の用意
民族主義
タゴールの思想を解く
国家主義と世界主義
呑龍上人の啓蒙運動
吾宗の根本的発展策
学校問題に就きて(金に迷ふ勿れ)
寺院中心の社会事業
社会事業と宗教
千歳の光栄と恨事
宗家の興亡危機一髪の間にあり(全国憂宗護法の志士蹴起せよ)
本山と宗派の関係
高野山の太閤忌所感
甦生の意気、総和の精神に立脚して
世相の変遷
全宗団総動員報告
合同の成果に協力せよ
皇国民としての仏教徒
時代病
象頭山松尾寺と琴平宮の訴訟に就て
時代苦と宗教家
高祖大師信仰の根本思想
吾宗の文章家

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る