古義現制度の欠点を指摘して当局及宗会議員に要望す
大師中の大師
戦後仏教徒の行く道
第十四宗会にのぞみて
弘法大師と精神生活
仏教と戦争
寺院住職に戸数割賦課の件に付
自我と神仏
薄伽梵歌
如意宝珠私考
仏教家に望む
戦争と道徳との関係
霊的情景と肉体欲求の矛盾
科学と哲学
時局概観
宗教意識発生の動機
意見書
是れからの社会事業は
寺院の経済上の地位
支那の民衆運動と反基督主義
母校を訪ねて
「弘法大師」と「高野草創」−帝展に特選となった日本画
大真言宗転向チャンスの愚論
大貳房宥鑁
宗団百年の計を樹てよ
真言宗の教育機関問題
非常時日本と聖徳太子
法義復興の説
真済僧正に就いて
涅槃の霊場に参拝す
西史より見たる南天鉄塔論
戦争と仏教の殺生観
布教感想録
好醜
真如親王西遊の発意に就て
法華経
福来博士に呈す
寺院制度の改造
宗教法立法上の考察
諸由緒
人生の浄化
正義的観念を論じて解体賛成議員諸師等の態度を批判す
新嘗祭と祖先崇拝
活動写真と寺院
デユルケイムの宗教社会学
北支より満州を管見
大本山善通寺宗祖御遠忌大法会を奉賛す
教化報国への方途
金剛峰寺の財政について
文観上人の文殊菩薩画像并に悲母塔
宗教に対する趣味方針
仏教共済組合を提唱す-特に寺院の副業及び消費の合理化に就て
地方問題と仏教家
仏教の三大精神
文学上に顕はれたる猿
絶対の慈悲
岡山県下に於ける仏耶二教の衝突
文明と生活力
宗徒の信条五則
気の毒なる信教者と迷惑なる説教者
釈尊降誕会訓話
四威儀
精神的社会事業
地方寺院を中心として
東宮殿下御婚儀奉祝
内観の聖者としての興教大師
大真言宗の新宗典−高仁大三派合同後
高野山布教師阿部光範師の態度を難ず
豊山派時事偶感
記念すべき大聖業
シングルス
智目行足の師を育てよ
宗会招集の疑義に就て
迷信論
吾宗の美術家
屠蘇感興
引導の作法
空也上人の布教
文書伝道難
檀那寺と檀家の関係に就て
宗徒の自覚と対外的態度
総動員に対する帝国真言宗信徒の任務
歴史的自覚
農村教化事業の大要
皇后陛下の行啓を仰ぎ奉りて
死後生存の信仰
精神作興運動
国民精神界の現在と現代教育の第一義(特に尚古的の学風を確立せよ)
仏教美術と経典文学
施政方針演説
在俗の仏事集合には経典の訓読を実行せよ
四国霊場巡拝に就て
青年学僧に寄す
開教方針の再検討
利休の遺偈
秘密事相の研究を読む(特に血脈について二、三の訂正を望む)
菩提心
仏教と婦人
精神的貴族の必要を論じて宗教家の自覚を促す
維宝阿闍梨伝

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る