真言宗名章
称名寺開基 宥雅上人
偶感録
選挙不正者を罰せよ
日曜学校を基点として
印度伝来の福神
社会の要求と一管長制
回顧と希望
石油戦線
弘法大師真筆の龍猛菩薩の画像に就て
宗団財政の拡充は朝飯前
當流声明業の故実に就いて
ことしの希望二つ
唯一神道名法要集に見られる密教的要素
母への自覚
戦時下の御修法長者を勤修するに当りて
宗務支所費は宗費か否か
宗教的情熱に就て
同情の意義
宗教の生活化と生活化の宗教
神社と宗教
幼稚なる布教思想
社会生活と布教伝道
美しき霊の曼荼羅(作歌上の私の信仰)
凝然大徳の話
聖徳太子の霊像を拝して−弘法大師との奇蹟実話
眼を九天の外に放つて脚を九地の下に着くけよ
弘法大師の密教観に就て
農村の社会事業
方策よりも人を求む
道念の養成が第一義
大亜開教と新古合同に就て
祈祷の治療的効果
年頭所感
大師の御兄弟及母公に就て
適実の施餓鬼
仏教と処世の教訓
鼎龍暁大和尚の伝記
聞くと信ずると
仁王護国法に就て
四弘の請願
生命主義の宗教(予が信仰の告白)
真言宗に就て
児童遊園地と寺院の開放
偉なる哉大師の感化力
農村寺に就いて
徹底的絶縁を提唱す
宗団財政の拡充根本策
農村窮乏の誘因について
能因法師とその歌
大陸へ!-不遇不平の青年を活かせ-
弘法大師伝
興亜開教の方針
護国の祈祷
聖徳太子の像類三宝の識見と信仰に就て
仏教徒としての戦後の経営
自行化他
隠れたる古徳−了伝上人伝
カーペンター氏の仏教解脱観
社会指導者としての僧侶
宗教と道徳と法律
降誕会に対する希望
高野山印行の仏書と活字版
社会問題の解決と社会事業家
民衆的巡礼の詠歌
迷信と正信
ラッセル氏の原子説概論
貧弱寺院併合問題
宗団財政の拡充策に就て
宗祖大師の降誕会について
硝石の作用
亜細亜民族の一大ブロック
東亜再建と密教徒の進路
吉野時代に於ける大阪地方の真言宗寺院
弘法大師の護国思想
貧に迫りし時の覚悟
元日論
酒は魔酔剤
独立党と高野派末の与論
哲人タゴール
八十種好
国家社会の霊化(勅賜東寺記念大法会に就て)
「以和為貴」の精神
建塔供養文
財調の跡を顧みて
真言宗三派合同宗名に付請願
所感三則(宗団財政の拡充策)
宗祖を如実に理解せよ
他山の石
高野山と放送局
蒙古に来りしよろこび
宗制改正に対する希望
祈祷の本義と四種法(密教報国信念の伝統的考察第三節)
宗門教育の振興
日蓮と空海
時局に対する吾人の意志
宗教と音楽
青龍精舎より
自由の生命を把持せよ(首相及文、内、農商各大臣の演説に就て)
紀念運動を振起す可し

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る