四国遍路の追憶
「箋註文鏡秘府論」に就いて
奉祷会の沿革と其の盛儀
全宗徒に訴ふ
安心章編纂に対する希望
宗教時代来る
教育の正常化を懐ふ
高祖御遺文全集に就て
我国文明史上に於ける弘法大師の位置
縫目なくして縫目を顕はしたる衲衣
印度古代文学概観
現世的、活動的なれ(戦後の宗教)
実行主義の教育
宗教の社会心理学的研究
自己に生きんとする道
努力は人の生命也
法悦の一夜−巡拝中の福来博士と一夜の清談
理想的女子教育(宣真高等女学校の特色)
布教の新展開に就て
牛と宗教
根来山大伝法堂に尊勝仏頂を拝し奉る
山火防止に関する卑見
王制復古の黎明
信仰雑観−時計のこと、電車のこと、えらい人のこと
純真なる愛山の念に立て
吾等が国家魂
弘法大師今在らば−産業戦死としての大師
御修法道場を帝都に建設せよ
産業報告と宗教
偉大なる婦人の典型
人生の目的と僧侶の人生観
仏教家と社会的事業
生活難と献身的精神
大国主命と大黒天
布教の権威
アラビア人の宗教に就て
宗教と道徳との異同
僧服改良の必要なきか?
労働の威儀に就きて
天野醍醐派管長の辞職と後任管長候補者選定理由
真実の人間精神
首相請待会に於て
心霊の乱舞
糟粕の説
大正の文覚上人秋山宥猛師の偉業
宗団の生命
倉田事件と廓清問題
管長権に就きて
仁峨両当局に呈す−今や末派憂宗諸師の奮起すべき時なり
真言宗全書を世に贈りて
世界平和
霊と祈祷
日本人の愛国心
但馬の一名物逝く(牧田探源師の遷化)
模倣的勢力
村落と宗教
高野山全統一
財産上に於ける寺院と住職
大日と釈迦との関係
密教の根本道場
宗勢進展の画策に就て
愛時訓
北海道を旅行して
パンの問題
新年を迎へたる俳聖
武蔵の金沢紀行
寺院経済の活路
殺すな−服部賢成僧正の追憶
二十歳の扉に
南京より
日本仏教と支那開教
敵国降伏の太元法に就いて
仏教と男女両性
幽霊談
宗教地としての京都
殉教と宗教家
北印度仏教遺跡発掘
日蓮上人の密教に対する批判
美術上に及ぼしたる仏教
現代思潮と共鳴する密教
民本主義と民主主義
予の布教観−高橋柳水師の布教論を読む
大覚寺の沿革と宸筆心経とに就て
古代印度の演劇
法喜充満せし理趣経講伝
新しきこゝろみ
司講を拝受して
権田大僧上の御遷化を悼む
服部賢成宿老の遷化
臨時宗会に対する釈派の態度
絢爛、仏国の元旦
教育と宗教との関係
布教伝道の完成(現代宗界に対する希望 1)
論語の研究
心物二面の救済(戦後の宗教)
森林哲学の批判
東漢の叙事詩に就て
特別大演習に従軍して
了教不了教の四門
現代思潮と青年の奮起

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る