宗教の神秘と実際
一段の工夫
弘法大師の真価

議員選挙に就て
苔の下にぞ有明の月
青年宗徒とヒューマニズムの考察
正御影供に就いて
日本精神と仏教
宗機顧問辞任理由
安心一夕談
真如法親王御事蹟回顧
光再び東より
朝鮮布教と仏教者の覚悟
朝鮮教状視察記
四国開創記念
常用諸経典和解に就て(破天荒の著述)
仁王経法と国家
恵遠法師
布教に就て
衣破れて戒破らず
法隆寺の貝葉梵本
弘法大師に対する私の理解
見性(正しき念願)
新宗典実施に際し宗費は宗務所直能を望む
御忌大法会を迎へて
次の時代を負ふ人々−高野山大学,文筆界の巻
戦争と宗教
宗徒刻下の好伴侶−杉原喜与人氏の「宗教団体法詳解」
真如法親王の御事ども
後七日御修法大阿奉仕を承りて
両部耶蘇論
祈りなき真宗
四国霊場所感 附法弟玄盛の南海に行くを送る
田園の侶伴
教家の一大使命
境遇の動物
日曜学校に於ける説話の研究
寺院存在の意義
願成寺の金剛界曼荼羅
平安朝時代の建築と意匠
裸体生活(正しき念願)
東京宗務出張所の施設に就いて
大師に還れ
宗内公職の各員に塑ふ
僧侶は燃ゆる信念に生きよ
国防と真言精神
教家の生くる道−特に時局に処して
教家の常会指導
皇国法の尊厳
如来の意義
弘法大師と温泉
大師の現益
新制実施を確実にせよ
王法正理論
嬉れしき友の志
布教問題
必須条件の欠乏
寺院教会の私設救貧事業
国際道徳と仏教思想
布教と教育
御遺告真偽論(二十五ヶ条の本に就いて)
教線に樹つもの
梵鐘成るまで
興亜大業の二大指針−天道楽土主義の提唱と仏教の支那民衆化
共業所感の国タイの横顔
海運論
月上院本大御室御影に就て
宗教人としての強味
吾宗の安心
本邦僧侶界現象(宗制僧規改正を厳促す)
朝鮮人は日本に同化し得る乎
宝性院歴代
四国遍路の情調(納経場の改良)
大正の大御代
寺院財産法
特殊部落改善の急
自信教人信
詩人の女性観
差別の哲学
真如親王建碑問題に就て
立候補に際し余の所感
宗祖大師と護国利人
歌集 松吟集漫評
持戒報国
我が信念を語る
真如親王の三大事
決戦下の宗教活動
天野明神参詣記
真言宗の安心に就て
旧布教論
宗教と社会の関係(戦後の宗教)
宗家の記念事業
諸経首題
與同罪の観念
慈雲尊者の民衆的国家観
先ず其の檀信徒を教化せよ
比叡山参拝記
刻下の思想問題
雪のレンズから見た社会相−生ける宗教

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る