宗祖大師と東寺
宗団の更生は悶僧各位の活動にまつ
宗家時事
時事所感
真如法親王を讃仰し奉りて
生産部門への挺身
易道の研究を望む
仏教徒に報ず(涅槃地確定の日近し)
四国巡拝感想談
我が宗徒の使命(戦後の宗教)
国家の基礎と我安心
静寂に居して
世界大戦の由来と戦後の諸問題
原始仏教の要諦
白猿と黒猿
行路者
片言雙語
三派合同後の新宗典に就て(新宗典編纂の資料)
開教内輪話
東寺大蔵経に於ける大師請来の仏舎利
福寿留身
乞食の尊さ
密教図像の特質及びその分類
挺身の道は脚下に在り
必勝生活の指導
仏教の聖典
温泉保養
弘法大師の感応に就て
我観高野山
弥陀身土説
尼僧物語
肉体、知能、霊魂
三業殺生
愚見二、三を(新宗典編纂の資料)
御忌刊本と東寺版
国旗の尊厳
蒙古見聞記
真如親王を偲び奉れ
必勝生活の指導精神
朝鮮と基督教
宮中の御仏会
戦後真言宗徒の覚悟
智恵の動物よりは寧ろ愚仏となれ
宗教と国民性并に文化
連合解体論
與へられたる大和民族
民衆の叫びと吾等の立場
上海の三日
吾人の希望梗概(新宗典編纂の資料)
明恵上人真筆国宝四座講式を拝見す
報恩伝道の使命
仏教復興の後に来るもの
勅額拝戴の光栄
母校よ何処へ行く−転換期の東寺両学に寄す
宗教団体法に対する所感
欧州戦争と祈祷
我等の使命
必勝生活指導の実際
隠れたる徳者廬山上人
建設主義
孝明帝の御葬儀と泉涌寺
宗教家に読書を勧む
尼波羅の仏教雑観
阿字観微言
文書伝道の効果
弘法大師の宗教
現代資本主義的精神と今日の宗教的教化との関係
有り難や大師の降誕
小作争議の病原
周利槃特
現代の二大思潮と精神作興
高野山大塔の落慶に方りて
門外漢の手記
凡聖不二の宗義系統私考
合同精神に生きよ
決戦下檀信徒の指導目録
時代
大正の典拠
弘法大師御請来目録に就て
戦後
宗教と社会制度
天国の境界と涅槃の境界
時感一束
民衆教化の第一義
日本仏教の三聖
予選歌の事について
仏教婦人会歌の提唱
不滅の人格
青少年の指導につきて
一塵一滴の終結
我宗北支開教の現状と第一線に立つ人々
蒙古の今昔と我等の使命
真言宗安心に就て
少年保護と教家
皇道と密教
祖風宣揚会の設立に就て
祈祷の功験
薬師如来
瑞彩
隠れたる古徳−木食宥伝上人

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る