年頭偶感
仏の慈悲
慈性親王と心経殿
労働組合法案に就いて
新年の三問に就て
大塔の八祖像に就いて
絵巻物特別展覧を見て
雅慶僧正について
真然大徳自筆日記に就て
教学の統合問題に就て
宗教国防の確立
立川流の真言宗
教育勅語と仏説
思想の交通
琉球管見
精神修養と宗教
三宝とは何ぞや
個人の完成と団体の統一(伝教、弘法二大師の特色)
教学の生命
海外留学生派遣に就て宗内諸大徳に激す
降魔の権威
大覚寺と未生流
寺格と職級に就いて
絶望の望み
学問と実用
法界寺所伝「鴨長明木像」に就いて
勧修寺の重宝
摂一切仏頂輪王について
蒙古の結婚式
将来の宗教問題
兜率行因
僧の東仁と朝鮮最近開化史
寺院経済と子弟教育
高祖大師と青年教化
嗚呼七月三十日
新道徳と旧道徳
新時代に適応すべき宗教
犯罪社会学と刑事人類学
戦地より啓上
住職として心得置くべき宗教法令
生命の菩提化
大覚寺大法会に就て
公民成人教育に対する一希望
本宗制度の改変に就て
制度問題私考(大局に着目せよ)
国体明徴と密教々理(既成三大宗教の不敬告発問題)
弘法大師御請来の梵字真言集
雅慶王大僧正聖忌法要奉修に就て
真然大徳略伝補正
慈雲尊者と海如和上
天理教の内幕
釈尊の死生観
大黒天考
高野山と記念法会
仏教より出たる普通語
同行二人「四国巡拝所感」
教家の天職
帝釈梵王
この頃の生活
社会問題の研究−社会階級の成立
朝鮮仏教の現状
加持生活の実現時代
貧の救済
新式寺院の建築不許可
庚午の劈頭に際し制度調査会に提唱す(敢て管長選挙法の改正を要望す)
高野山大学五十年記念祭に際して
感激の至りに堪えず
雅慶大僧正略御年譜
真然国師を憶ふ
総合大学論
慈雲尊者遷化寺の今昔
現世主義
勤行法則の和解
四国巡拝感想
諸経典和解について
近代の演劇
庚申縁起考
生の要求と宗教
ナラ王物語
法身仏に就て
山窓随筆
軍事教育と宗教家
兼務制度は宗勢不振と得寺難を生む
総籬
所感片々
教学刷新を望む
戊寅初夏遍路行雑観
野菊(安慶から廬州へ)
真然大徳と高野山
錬成と行
都率往生問答弁
理性の権威
白露団々
密教の御祈祷に就て
布教と通信講談会
事業則布教
日本最古の基督教芸術
洋服をも採用せよ
密教芸術家の出馬を望む
相華 罪深きもの

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る