荒神に就いて
仏教唯一の慈善病院
宗教と個人及び社会
弘法大師の誕生地
理論上の問題(迎妻論)
歳末の祈祷
仏教徒の覚醒時機
学問を尊重せよ
朝鮮仏教の芸術(金剛山、石造の彫刻塔)
明治天皇と一切蔵経
剛健なる精神
極楽世界の様な根室半島より
教線の拡張と信者の僧加を図れ
国家的道場根本大塔の完成
国体明徴と弘法大師
宗派合同の目的とその動向
一億の陣頭を往け
三帰大意
日本唯一の偉人
金光山の眺望
現代と興正菩薩
時局拾収策
大師教会の発展に就て本宗同法侶に告白す
神道研究序論補遺
我宗教育問題の解決
高祖大師の御入定は金剛定に入り給ひしや滅盡定に入り給ひしや
皇太子殿下の還啓を迎へ奉る
伝説を尊べ
宗教的信仰の威力
上海漫歩漫筆
唐滝の伝説
宗団意識の強張
本年度御修法奉修に当りて
梵鐘献納に際して
大師の時代
仟遍法印法語
神光の遺響(奉迫慕故智満大和上)
高野山へ納骨等の起源について
祈祷に就て
新加持論
浄土論
新しき気分の養成
人材問題
時代と宗教
根本問題の解決を望む
釈論の法相に就いて
高野詣で
宗教の力
慈雲尊者と切支丹宗徒
廣東潮州王弘願居士の悉曇学
金と衣裳と米と蝋燭
真言宗合同促進に就て
良哉・佐久良東雄の歌
慈悲の本源
霊と我との無駄話
雑観一、二
種三論−不動明王の種三尊
国民道徳の振興に就て
宗教々育の革新
就中人材問題
トーテム期の文化
宗立女学校の設立を望む
「東宮殿下を見奉れ」の標語を造れ
善通寺の宗祖降誕会に列して
宗派の甦生
愚感こもごも
真言宗学会組織を提唱す
隠し絵
挙国一致興隆日本の実を挙げよ
時局と仏教徒
国民錬成と密教
京洛追想
時局を注視せよ
真言宗と将来の宗教(「大師の偉徳」中の一節)
超然他力の単片
女性問題
弱者の叫び
近代眼より見たる老子
国民と伽藍
根本的革新を要す
婦格の教養と労働哲学
対外的態度と教育問題
応機の器
何故高野山は女人禁制であったか(宗祖弘法大師の女性観)
宗教の社会的価値
兼務と併合との撤廃を提唱す
王朝時代初期の文化より見たる綜芸種智院
弘法大師伝全集の発刊を祝して
国民精神総動員運動に就て
建国歴史と寺院の記念事業
臍学
ビルマより還りて
連合制規改正条項の許可と不許可に就て
杲宝法印の御伝記に就いて
死者の生命
無量寿如来根本陀羅尼
講師休憩室(東寺降誕会)
大挙伝道に就て
平和の保障
季節の恋

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る