文化庁保管 普賢菩薩絵像
仁平三年銘の持光寺蔵普賢延命菩薩絵像
異色ある孔雀明王画像
仁和寺蔵宝珠納入の板絵四天王像について
青蓮院旧蔵の立像十二天図について
定智筆善女竜王像をめぐる資料
松尾寺所蔵の終南山曼荼羅について−唐本北斗曼荼羅の一異図−
覚禅抄における各巻の構成とその成立過程
古代寺院の礼拝空間についての試論-三金堂、二金堂の存在に対する疑問-
セン仏雑想観
正倉院宝物の仏像型と押出仏
玉虫厨子内部荘厳の押出千仏像
僧具
経几・経台について
香印座考
善財童子歴参図について
東大寺善財童子絵巻について
本興寺の法華経変相図
廬山寺十羅刹女図
聖徳太子絵伝
敦煌壁画における本生図の展開
敦煌の法華経変
敦煌莫高窟の早期窟試論-隋代窟の諸問題
高麗の弥勒下生経変相図について
古代寺院における堂内壁画荘厳の系譜
上淀廃寺出土の壁画断片について
上淀廃寺壁画
キトラ古墳壁画
古代美術における自然表現
八・九世紀を中心とする日本絵画にみられる風俗表現
隋唐陵墓壁画
美術史研究における図像と様式
十六羅漢図の源流とその系譜
東大寺釈迦十六三尊羅漢像について
ヒンドゥー教美術
インドの女神像について
アンコールの美術
バンテアイ・スレイの女神-カンボジア古典時代前期の異色ある一美術について-
ボロブドゥル-仏教美術史上のユニークな建造物-
玄奘三蔵入竺行程の検討
「五部心観」の研究-その記入梵語に基く考察-
神護寺と高雄曼荼羅
東寺講堂の諸尊とその密教的意義
東寺と正系現図曼荼羅の相承-新出大幅彩色古曼荼羅三本の調査概報-
東寺の両界マンダラ図
醍醐寺五重塔の壁画について
台密の両界曼荼羅について
仏教美術史の方法論−現状の整理と問題点
釈迦像形式の展開−施無畏・与願印の成立
仏教美術史における荘厳について−中国彫刻
数値よりみた藤原彫刻−方法の限界と可能性
肖像彫刻における「写実」の多様性−重源上人像を中心として−
仏像の「場」
仏像と建築のあいだ(抄)−仏像の「場」
来迎図の展開−来迎の「場」
鎌倉彫刻における「宋風」について−序論的考察
鎌倉彫刻における「宋風」について−本論
延暦寺における天台美術の展開
出雲地方の彫刻−中央様式の摂取
神仏習合の実態とその美術
陣羽織の意匠
かぶき者の美意識
伝統と再生
威と不易
俗と流行
用と美
情と適意
知と形似
野雲大禅師文集 3巻
日光東照宮と桂離宮
初音の調度
寛文小袖
柿右衛門と仁清
修行巡国僧の造形
江戸後期のシュトゥルム・ウント・ドラング
奇人の系譜
京で生まれた奇矯の画家
「はんなり」のエロチシズム
「いき」と「艶」
風狂の美と謎
浮世絵紀聞
インド・東南アジアの美術
インドの仏塔と舎利安置法
僧院と仏塔-インドにおける伽藍の形成-
インドの石窟寺院
マウリヤ時代の神像彫刻
ガンダーラの菩薩思惟像
インド古代中世の壁画
アジャンター壁画の仏教説話とその描写形式について
似絵と頂相
仏画の変容
禅宗と鎌倉彫刻
仏法の守護神
宋画に魅せられた仏師たち
「一遍聖絵」のストーリー巻三を見る
三十三間堂の二十八部衆像
模刻像の流行
骨を納めた仏 日蓮上人像
武士の好みにあった鉄仏
「室町こごろ」とは

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る