政治への媚態−島木健作氏へ一言
神話の擁護−高沖陽造氏へ一言
謙虚となれ−従軍作家達に望む
文壇の警官−阿部氏の退廃取締役
政変的作家−一つの幻滅悲哀か
翻訳会の危機一現物歪曲の懺悔多し
悩み果てなし一農民小説と徳永の作
手遅れの感一本多顕彰の憤慨

短歌
冬瓜が人間を泣かした話
浮世さまざま歳晩漫語
当世職業苦楽
大詰めの歳晩劇(二場)
俺が市長様なら
熊と愛奴の話−フレカパルスの踊
愛奴伝説−キナの化けた話
秋の夜長の無駄話
事変下の東京生活
流民詩集
商業資本と日本画家の良心−三越日本画展を観て
小熊秀雄個展
超現実派洋画に就て−エコルド東京絵画展の感想
二科展所感−坂本繁二郎小論
熊谷守一氏芸術談−青木繁との交友など
独立展を評す
春陽会と国展−ルオーの描写力の事など
革新の日本画展
二科会を評す−前進性を示す諸作
文展日本画展望
日本画檀 新鋭作家集−加藤栄三・橋本明治・奥田元宋
新日本画の名コンビ 福田と吉岡−「松」と「馬」に就いて
日本画の将来
橋本明治氏に与える公開状−問題の「三人の女」が会期中に加筆されて
大観とユトリロ
時局と日本画−横山大観の場合
問題の日本画家
問題の日本画家
問題の日本画家
問題の日本画家
問題の日本画家
子供漫画論
独立美術分裂説−次は誰が脱退するか
文学待つつたなし−小林秀雄君へ一言
中條の飛石評論−忠実なる読者の声
新人とわ何か−青野温情主義を悔ゆ
洋画檀時評 三つの展覧会
池袋モンパルナス
北海道旅行寸感
中間読物論
事変の感覚
時局断断想
文芸月評
風俗時評に望む
最近の感想−心理の荒廃其他
煙草難
紋付
強者の焦慮に就て−風刺文学にために
詩は進歩するか−技術の蓄積の問題
詩・欲望・休止符−本庄君に就いて
ドストイエフスキーの詩論
文芸時評
現代大衆文学批判−ユーモア小説
小説家は幸福だ
詩に触れて
近頃の感想
近頃の感想−ガンガデインに就て
戦争と詩人
夜の詩に就いて
青年性の検討
三日間
画家・詩人・娘達
野戦病院
無題(稀代の妖婦お定の・・・)
女流風刺詩篇
未収録詩篇(1936〜1940年頃)
新築地に就いて
プーシキン再認識
風刺作家シチェドリンに就いて
軽演劇の軽さに就いて
作家の印象
作家の印象
作家の印象
文学者の科学性
中本たか子著「南部鉄瓶工」読後
日本人の愛と誠実に就いて
民衆と風刺
風刺詩・恋愛詩など
パピーニに就いて
文学と余暇善用
風刺文学の為に
現代作家評
現代作家評
現代作家評
詩の黙読性に抗して
随想四題
政治の細部
風刺形式の黙殺
演劇の面白さの問題
ユーモア作家論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る