小林秀雄へ一言−ドストエフスキー研究の事
ジイドの悪徳性−小林秀雄君其他の心理主義者この一文をよく読め
日本のプーシキニストの一人として
愛国的と進歩的といふことに就いて-詩人プーシキンの場合
風刺の道徳性に関して−ニコライ・ブハーリンの報告から
或る手品師の話
思想のニュアンスに就て
近代人の恐怖と平穏
詩檀雑感
だんだら詩稿
都会の大時計
過去が未来へ廻って行く話
都会の素描
小熊秀雄
流民詩集序文
通信詩集
愚鈍詩集
愛憐詩集
漂泊詩集
愛情詩集
俳優人物詩
俳優人物詩
女流風刺詩篇
女流風刺詩篇
女流風刺詩篇
女流風刺詩篇
文化擁護国際会議に就いての諸家の感想
風刺詩の場合−最後に笑うものは最もよく笑ふ
詩の労働者的表現
詩聖プーシキンに就いて
ツォイスの双生児−シルレルとゲーテのこと
詩檀大歌舞伎春興行
叙事詩の開拓に就いて
大衆作家に訊く覆面の訪問者
文芸懇話会損得論
トルストイ恐怖症
音楽と軍歌性−東海林太郎のノド
風刺文学の前途
小説家よ針の千本ものんで苦しめ
散文精神と韻文精神−韻文精神の優位性に就いて
漫才・諷笑劇など
朝湯に就いて
詩吟の流行−東西の競演放送
文壇の喧嘩流行に就いて−作家無論時代の現はれ
演劇的時間その他
ユーモア人物評
春山行雄自選著「詩の研究」
笑いの文学の正しさ
池袋モンパルナス−月下の一群の画家
青い塔−編集室にて
真人間らしく
相撲協会
この世に静かな林などはない
今月今夜の月
古城
僕は憤怒に憑かれている
俺達の消費組合
甘やかされてゐる新進作家
反射鏡的な作家
歌謡を中心として−全国雑誌展望
詩選後に
言葉のこと−選詩小評
作家の二つの生活差に就いて
選後の感想−堤君の詩に就いて
操り人形「ロマン座」生まる−詩人祭で第一回公開
詩選後感
詩檀時評−プロ詩の昂揚期を迎へよ
文学の嘘について
新人号の詩に就いて
詩集「潮流」刊行祝賀文
北海道時代の今野大力−弱い子よ、書けずにゐた子よ
詩人群像
アルチェル・ランボーに就いて
選後に感じたこと
叙事詩の作り方
文壇風刺詩篇
文壇風刺詩篇
文壇風刺詩篇
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
文壇諸公に贈る新春賀詩
謀叛−旭川の詩人に贈る
スパイは幾万ありとても
山雀の歌
失恋
低気圧へ
母親は息子の手を
代表送別の詩
才能を与え給へ
散兵線
甘い梨の歌
マヤコオフスキイの舌にかはつて
新らしい青年へ
現実の砥石
善良の頭目として
高い所から
闘牛師

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る