句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
句集(元亀−元禄時代)
源氏物語と枕草子との区別
成務天皇以前の日本文学
つゞれの錦
筆まかせ
書簡 明治13〜30年
月の都
一日物語
當世媛鏡
曼珠沙華
花枕
月見草
我が病
かけはしの記
旅の旅の旅
大磯の月見
日光の紅葉
高尾紀行
鎌倉一見の記
はて知らずの記
発句を拾ふの記
上野紀行
そぞろありき
王子紀行
間遊半日
総武鉄道
夕涼み
道灌山
本郷まで
小石川まで
亀戸まで
小園の記
車上所見
雲の日記


御題の短歌を新年の紙上に載することに就きて
短歌の調子に就きて
我邦に短篇韻文の起りし所以を論ず
文界八つあたり
春色秋光
文学漫言
朗詠に就きて
再び朗詠に就きて
五大画家盲評
めざまし草巻一批評
桐一葉
作家評家
戯曲類と四季
文学
服制と美術
新体詩押韻の事
詩董狐を読む
藤野古白
若菜集の詩と畫
竹の里歌(明治15、21〜28、30〜35、年代不明)
新体詩
漢詩
松蘿玉液
墨汁一滴
病床六尺
仰臥漫録 1,2
少年時代詩篇 明治13〜16年
無何有洲七艸集
子規子
水戸紀行
水戸紀行裏四日大盡
しゃくられの記
かくれみの
手つくりの菜
詩歌の起源及び変遷
荘子ヲ読ム
老子を読む

「我国の絵画に就きて」を読む
「我国の絵画に就きて(再)」を読む
叙事文
有神疑義を読む
水滸傳と八犬傳
再び歌よみに與ふる書
歌よみに與ふる書
竹の里人日く
三たび歌よみに與ふる書
四たび歌よみに與ふる書
五たび歌よみに與ふる書
六たび歌よみに與ふる書
七たび歌よみに與ふる書
八たび歌よみに與ふる書
九たび歌よみに與ふる書
十たび歌よみに與ふる書
あきまろに答ふ
人々に答ふ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る