山の音を聴きながら 東歌抄
万葉集東歌研究
あづまうた 三つ
万葉集短歌輪考
万葉談義−日竝知皇子尊の宮の舎人等の歌−
万葉歌抄
万葉集に現れた征戦の歌
壽詞をたてまつる心々
家持奏壽の歌
正月と歌と
禊ぎと祓へと
上代文学解釈法の問題
万葉集の正しい見方
国民詩史論
眞間・芦屋の昔語り
うす雪物語解説
上代文化研究法
万葉風土記
飛鳥をおもふ
万葉集絵物語
古事記の空 古事記の山
新撰山陵志
杠園抄解説−守部評論−
橘元輔源守部
復刻「万葉集桧嬬手」解題
言語情調論
都賀野の牡鹿
八栗の秋
紀和地方修学旅行記
若き世の智慧−戸板康二に寄す−
新爽両人
小笹の詩
伊波冬子刀自の詩
一つの歌の曙の光り−会津八一全歌集−
二つの道の歌-宮柊二歌集「挽歌」と「会津八一全歌集」-
選者のことば 1
鵠歌評
くヾひの人びと
歌会にて
「アララギ」歌評
「アララギ」七月号の歌
「アララギ」合評抜粋
「原生林」合評抜粋
歌壇作品合評抜粋
選歌「戦争」を発表するに當って
天の鶴群
静かな心のやすらひ−伊東療養所にて−
戦ひに死ぬものゝふの歌
戦ふ歌
招魂の御儀を拝して
島の青草−沖縄を偲びて−
一つの連環咄
日本女性史に於ける明治時代の意義
地方文化の幸福の為に
万葉集講義
口訳万葉集
口訳万葉集−第十四(東歌)の研究
花幾年
わが子・我が母
留守ごと
細雪以前
黒青紫
増井の清水の感覚
赤い紙かばんの中へ
去年の大晦日
杉千秋を中心にして
故人
書斎人の悲劇
「香蘭」の人々に
茶栗柿譜
白墨のあと
鏡花との一夕
生活の古典化に努められた先生
畸人傳の型に入れて
山中先生の学問
三矢先生の学風
伊波学の後継者を待つ
万葉全集と私
美しい私学の学問
感謝のことば
三博士頌
虚子さんよ
水野氏の本の会から帰つての茶話
遥かな潜水夫
紙魚のすみか
書物と白雲
写生歌異見
短詩論
素人のない文学
短歌の運命
近代日本短歌の方向
時事短歌論
「所謂未亡人短歌」の含む暗示
女人短歌序説
女人短歌序説
女流の歌を閉塞したもの
短歌啓蒙 1〜3
根強い生活は「心の田舎」から
危急を告ぐる諷歌
新春随感

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る