見ものは合邦辻
若手歌舞伎への期待
鶴屋団十郎
英訳俳句草稿
連句
倚桃両キン自讃文
零時日記 1〜3
半生の目撃者
かすかな抗議
愛と詩
海道の砂 その1〜3
山の雑湯記
山の音を聴きながら
姥の話
雪の記憶
恋の消息
新しい詩集の為の壽詞
ねくらそふの現実
「蛙」の死
「典型」と高村氏
「佐藤春夫全詩集」のために
俳句と近代詩
虚子文学の結論
文芸運動に於ける朋黨
茂吉への返事
短歌と文壇
短歌に於ける主観の表現
万葉調
短歌に於ける人事と自然
短歌の範囲
新らしい論理の開発
歌の圓寂する時 正続
滅亡論以後
「時代の口」出現への要望
ぷろれたりあ短歌へ−「抗争」の作者を通じて−
遊びのある議論
短歌小論
流行と質
子規の歌論に潜在するもの
短歌将来の形式に関する一つの暗示-短歌のこんと化する傾向 その他
短歌の世界−選歌に循環して−
鑑賞法を失はうとする世間
短歌の心構へ
彷徨
毎月抄
指導記録
詩と散文との間を行く発想法
文学を愛づる心
文学に於ける虚構
好悪の論
批評家の批評
批評の意義 1
新刊紹介
左千夫の小説
芸術の具体化−谷崎潤一郎氏を中心に−
「細雪」の女
細雪映画化の限界
日本の歌・すらぶの琴
王朝語
近代小説文体論序
「絵はがき」評
近代市隠の文学
「露芝」解説
逍遥から見た鴎外
山の音を聴きながら−川端康成氏の近業−
水中の友
小説の予言者
「春」から
人間悪の創造
まれ男のこと立て−芸術の圓光−
念珠集管見
山越しの阿弥陀像の画因
詩歴一通−私の詩作について−
東京だより
与謝野寛
国学の幸福
若山牧水
会津八一
水町京子
伝えたい人びと−短歌研究記者の問ひに答えて−
潮騒以前
人に預けたるもとの門弟子に寄せて
一人の見た過現未
去七尺状
新万葉集の文学史上に持つ意義
有家卿のことば−新万葉集おぼえ書き−
歴代勅撰集と新万葉集
民族のいくさびとに贈る
万葉維新
悲痛なる美を完成する人々−特攻百首−
詠進歌の新風
昭和御製と宮廷ぶりの歌
「釈迢空集」追ひ書き
「釈迢空篇」追ひ書き
「鵠が音」追ひ書き
「山の端」追ひ書き
路隅集の前に
釈迢空集のすゑに
自歌自註
春のことぶれ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る