愛国文学の母胎
評価の反省−家持の歌の評釈−
睦月の歌−家持の作物を中心として−
純自然描写の発足
万葉集の民俗学的研究
万葉集に現れた古代信仰−たまの問題−
万葉集と民俗学
枕草子解説
伊勢物語私記
お伽及び話
雄略紀を循環して−お伽話と長話との二形式−
物語歌
歌及び歌物語 歌の歴史
歌及び歌物語 歌物語
家集と物語と
短歌の本質と文学性との問題
短歌本質の成立
短歌様式の発生に絡んだ或疑念
歌及び組歌の発生
女房歌の発生
難解歌の研究
俳諧歌の研究
近江歌及びその小説的な素材
骸骨
古代歌謡−聖詠二首について−
古代民謡の研究
恋及び恋歌
抒情詩の展開
日本の創意−源氏物語を知らぬ人々に寄す
伝統・小説・愛情
反省の文学源氏物語
ものゝけその他
源氏物語における男女両主人公
新古今前後
万葉集私論
万葉びとの生活
上代貴族生活の展開−万葉びとの生活−
万葉びとの生活−及びその歌−
万葉集の研究−一種形態論として−
歌の発生及びその万葉集における展開
万葉集講義−飛鳥・藤原時代−
続万葉集講義
相聞歌概説
相聞歌
万葉集の恋歌
あづま歌
万葉集の根柢
額田女王
柿本人麻呂
柿本人麻呂論
「涼しく曇る」
文学様式の発生
律文学の根柢
声楽と文学
小説戯曲文学における物語要素
文学と饗宴と
異人と文学と
翁舞翁歌
日本文学の内容
日本文学発想法の一面−俳諧文学と隠者文学
笑う民族文学
口承文学と文書文学と
日本文学研究の目的
日本文学研究法 序説
古典に現れた日本民族
古代日本人の感覚
上代の日本人−その文学−
古代日本文学に於ける南方要素
古代の氏族文学
大和時代の文学
上代文学−文章史の出発点−
風土記
風土記の古代生活
記紀歌謡
むささび
漂著石神論計画
雪まつりの面
琉球の宗教
追ひ書き
鬼の話
はちまきの話
ごろつきの話
雛祭りの話
桃の伝説
まじなひの一方面
狐の田舎わたらひ
桟敷の古い形
稲むらの蔭にて
方言
雪の島
三郷巷談
折口といふ名字
神道に現れた民族論理
口訳万葉集 上下 巻第1〜20
万葉辞典
日本文学の発生−その基礎論−
日本文学の発生
唱導文学−序説として−
唱導文芸序説
日本文学の発生

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る