カニヤークブジャ(曲女城)の行像
アドヴァヤヴァジュラ著作集 梵文テキスト・和訳3
台湾の水陸会について
智光の本願観についての一考察
空と假−天台大師における「假名」理解の二重性について−
「念仏三昧宝王論」の諸本と註釈書について
知識による東大寺大仏造顕とその影響
A REPORT ON THE TRANSLATION OF HONEN'S SENCHAKU SHU
「仏心解」の成立に関する一考察
増賀上人と奇行説話
チベット族の社会的な変遷について
牟子理惑論の論理性について
天台大師著作に於ける中国撰述書引用の問題 2
生命倫理とフランシスコ・ヴァレラの認知科学における身体論−仏教の視点から−
鬼神について−『論衡』を中心にして−
インド古典法(DHARMA-SUTRA)における住期説(ASRAMA)の展開
近世唱導の一様相 1−「勧化一聲電」について−
中国仏教における書石刻の形式について
高山寺所蔵「許可三昧耶戒作法」「許可作法次第」について
神道国家
談義所の総合的研究 3〜6,−「鎮増私聞書」注釈編−1〜4,
普照知訥禅師の生涯及び唯心浄土説
唐中期の仏教思想の研究 2〜9,
初期キリスト教の東方的要素について
仏教的人間学と智慧
山岳修行者「播隆」の行動と思想−「山岳信仰」における生(いのち)観−
佐藤賢順と仏教的人間学 承前,2,
鑁也『露色随詠集』 「閑居百首」註釈 2
現代社会と宗教と人権
梵文声聞地−初瑜伽処中種姓地,和訳・科文−
『大疏第三重』の研究 V 悉地寛狭
純粋経験と意識変革−西田とヤスパースの神観−
仏教的人間学について−中国出家僧の半生を通して−
KOROSI CSOMA SANDOR
飛錫の衆生論
宗教体験との対比による仏教思想の公益性に関する一考察
仏教への心理学的アプローチを巡る歴史的背景
道綽における仏身仏土論への一視点
鎌倉に息づく漆工
警察講習所の中国人留学生−1939・40年度入所者を中心に−
「古墳墓保護ニ関スル建議案」と大塚先儒墓所の修築
道綽「安楽集」における「観経」理解
最澄の仏典受容観について
初期中国唯識学派における一乗義について−基と圓測の解決を中心として−
道教の斎?Q科儀と民俗文化
DANDIN著 KAVYADARSA「詩の鏡」第2章 上下−テクストならびに訳注−
渡辺海旭の大乗仏教思想についての一考察
通序註釈における阿難について:隋三大法師を中心に
智証大師の阿字解釈について
六巻本『金剛頂瑜伽中略出念誦法』の訳注研究 3
初期天台思想における四念処の役割
梵文声聞地 17〜21−第二瑜伽処 5,7〜9 和訳・科文−
中国チベット自治区の人口問題
貞慶の講式三題
SATAPATHA-BRAHMANA 訳注(1.2.5−1.3.1)
梵文声聞地 10−初瑜伽処中出離地,和訳・科文−
アドヴァヤヴァジュラ著作集 梵文テキスト・和訳4
蒋介石
三世無障礙智戒をめぐって
天台大師著作に於ける中国撰述書引用の問題 3
『大疏第三重』の研究 VI 心相顕密
六巻本『金剛頂瑜伽中略出念誦法』の訳注研究 4
貞慶の講式二題
梵文声聞地写本について
敦煌本・南北朝期維摩経疏と注維摩
『選択集』英訳の諸問題 2
末法思想と道綽浄土教
墨子天志篇をめぐって
日本天台口伝法門と仮託書
天台大師著作に於ける中国撰述書引用の問題 4
安然をめぐる蘇悉地の相承と瑜祇潅頂
石刻仏教資料研究 1 僧門墓碑・塔銘・墓誌銘篇
現中国で最も盛大な仏教儀礼 水陸会
「比丘威儀法」梵本写本 転写テキスト 第5〜7章
『大学』の作者と成立年代
興教大師覚鑁の機根観 1−即身成仏と浄土往生−
与道教相関的青銅器研究
唐中期の仏教思想の研究 6
『日本霊異記』と優婆塞・優婆夷 上
関西におけるパトロンたちとその集蔵品
マックス・ウェーバーにおける「自己神化」の概念のついて
阿証房印西について
近世唱導の諸相−「除睡鈔」翻刻編 4−
アジアの死生観研究−仏教儀礼と基層信仰−
二十五三昧講式
『大疏第三重』の研究 VII 六大法身
韓国における弥勒信仰
六巻本『金剛頂瑜伽中略出念誦法』の訳注研究 5
梵文声聞地−初瑜伽処中趣入地,和訳・科文−
地蔵信仰と飢人地蔵祭−非業死者に対する信仰と供養−
観音講式と法華講式
ベルギー・ゲント大学の印度学・仏教学について
死穢と陰陽師
BAJRA-DHATU-MUKH'AKHYANA-DEGURI-VIDHI
梵文声聞地 12-本地分中聞所成地 2,和訳・科文-
日航機事故における慰霊
「選択集」英訳の諸問題−12〜15章段について−
水陸会
中国の廟会と寺廟について
天神信仰と長谷寺

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る