檀信徒が信仰心を育む教化活動の模索[事例研究]−珍珠山吉祥院における発心式(継承式)の実際−
明星の一閃
中国山水画と風水思想
抜頭と相撲節会−勝負楽としての抜頭と陵王−
宗教力の独立
密教学関係論文データベース研究会 智山勧学会共同研究報告
解脱の囁き
「大日経」に関するsNar-thang寺の相承系譜
バクティ信仰と臨終−三昧と生活 3
法隆寺貝葉「般若心経」写本についての一報告

「理趣経」十七尊曼荼羅の成立に関する一試論
岩手県地方における真言宗の初期伝播考
ANANDAGARBHAの潅頂論
KRIYASAMGRAHA所説のガナチャクラ儀礼
大自然の懐へ
菩薩戒羯磨記 1巻
「仏頂尊勝陀羅尼経」の研究
宗団論に関する若干の問題点
『大宝積経』「密迹金剛力士会」の一考察
緑陰漫談
「讃」から「和讃」へ−花供・花讃の示唆するところ−
平安末期の時代と宗教
ブッダグヒヤの教学背景−「大日経」注釈における引用例を中心として−
をりをり
諸法集要経王者治国品−正法念処経、蔵・漢テキスト比定試訳−
『大乗荘厳経論』における四種の発心について−「伽耶山頂経」発心説の受容−
雄々しい姿(友を思ひて)
三摩地に就て
平田篤胤における「古道」の意味
弘法大師と興教大師−両部不二思想をめぐって
「チャクラサンヴァラタントラ」の成立段階について−およびJAYABHADRA作SRICAKRASAMVARAPANJJIKA校訂梵本−
赤鰯と助け船
MANJUSRIMULAKALPAとMANJUSRIJNANATANTRA
室生、長谷、大神神社の神仏習合の源流
生涯発達心理学的人間学を考える−人間化過程(HUMANIZATION PROCESSES)の筋道に沿った人間の生涯(HUMAN CAREER)の問題−
はらから
興教大師における阿字観 2
ダイオキシンの形と六大の形
武人なるが故に
理趣経の梵本
真言密教の事相活用論
興教大師の菩提心について−「一期大要秘密集」を中心として
四食論考
密厳院発露懺悔文
石山寺所蔵の「秘密三昧耶戒儀」について−秘密三昧耶仏戒儀をめぐって
智積院について
真言宗の戒律一般
華厳宗・地論宗での世親の十地について−「六相」の変遷を中心に
性起縁起に就て
シンポジウム 本宗における教育問題の現状と展望
不空所伝の金剛頂瑜伽経について 2−金剛智三蔵所伝の金剛頂瑜伽経に関する一考察
阿字本不生再考−空を問う
法界に入るまで−華厳経の中心思想−
近世における庶民の仏教信仰
三十帖策子所見 空海真蹟「注尊勝陀羅尼」尊勝釈
諸宗教通有の親族的類似
学の発展と術語について
自証説法について 2,
我仏教上より見たる聖徳太子
解脱房貞慶の「観音講式」について−密教浄土教信仰をめぐって
ACARYAKRIYASAMUCCAYAの基調
頼瑜の浄土観 2
「初学暗誦要文」と「補忘記」と 1,
印度教の復興について
覚鑁密教の冒険
金剛手の変遷
現今の理想主義に就て
旃陀羅の史的考察
「釈摩訶衍論」と「大宗地玄文本論」に於いて共通する記述をめぐって
興教大師の菩提心について
「大原集」の証心
興教大師覚鑁の成仏論 1−現生・生身の成仏
智山派教育・研修に関する一考察−教師は何を希み、教師に何が望まれるのか−
伝法大会の変遷
六大とフラクタル−団形とマンデルブロ集合の相似について
馬勝梵天問答考
近世霊廟の荘厳−武家の祖霊供養と寺社−
「?ュ?y耶経」蔵・漢訳テキスト研究 1,3,5,−智山勧学会共同研究報告−
神に就ての反省
浄影寺慧遠の仏性義について
聖憲作、良尊鈔注「病中寓言 阿字観鈔」考 1
CAKRASAMVARABHISAMAYAの原典研究-梵文校訂テクスト-
戦後真言宗智山派の社会事業の展開
仏身に関する複眼的思考
寒河江大江氏の惣持寺について
地蔵菩薩霊験記の一断面−普門元照撰「地蔵菩薩応験新記」を中心に−
「新古今集」の慈円の歌にみえる「野寺の鐘」について
運敞僧正の晩年期の教学について−「本不生顕密同異義」を中心に−
芥川龍之介の童話−「蜘蛛の糸」に見られる児童期の問題について
覚鑁の真言観−「虚空蔵宝鍵」における心真言解釈を中心として−
聖標?a字に就て
「浮世風呂」における待遇表現 1,2,5
ACARYAKRIYASAMUCCAYA潅頂(品)テキストと和訳(1-2)−略出経「方式次第」解義
『釈摩訶衍論』における「八種本法」について−「三十三法門」を中心に−
声名の音楽的考察
虚空蔵菩薩の功徳について−『求聞持法』を中心として−
KRIYASAMGRAHAPANJIKAの潅頂論 4−第四潅頂、和訳と註解
MADHYAMAKAVATARA[BHASYA]7〜9章試訳
TIRTHA研究−礼拝対象について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る