実在論とその周辺−語りと思考という観点から−
NYAYAKANDALIにおけるABHEDAの論証
微細ヨーガについての一考察-秘密集会タントラ訳「PRADIPODYOTANA」を中心として
「仏頂尊勝母成就法」の研究
所謂聖道門と浄土門との一致
チベット文「得道梯橙錫杖経」
不空所伝の「金剛頂瑜伽経」について
「釈摩訶衍論」における真如熏習の意味
陀羅尼について−「般若経」を中心に
秘鍵をめぐる一、二の問題
ツォンカパの一乗思想をめぐって
家康と久能山東照宮の文化財
水の肌
智積院における聖教の継承と集積−新文庫聖教を手懸かりにして−
仮面を去れる思想
聖憲作、良尊鈔注「病中寓言 阿字観鈔」考 2−祐宣、頼慶、良尊−
印度教徒の政治思想
ものは如何に存在するか 時間と空間の量子化について
明恵(高弁)の羅漢信仰について−新出「夢記」を中心にして−
密教発達史評論
菩提心について−特に「大乗法界無差別論」において
旃陀羅の史的考察 3−大乗仏教から密教まで
中世後期根来寺内における修験道
大乗三論大義鈔の諸問題
退法阿羅漢考
六大の法爾・随縁について−「大疏第三重草子見聞記」を中心に−
弘法大師はなぜ「華厳経開題」を著作されなかったのか
秘鍵の抜文に就て
栂山高山寺所蔵「阿弥陀并極楽証文」について
明恵の即身成仏観について−明恵門下聞書類を手掛かりとして−
「陀羅尼集経」所収の仏頂系経軌の考察
「信」の字義考察
「十住心論」に引用された「円覚経」について
「天台宗未決義」における一、二の問題
珍海の「菩提心集」について
釈釈摩訶衍論の立義分解釈
重誉撰『秘宗教相鈔』における即身成仏理解をめぐって−海恵撰「密宗要決鈔」における引用を中心に−
「甲袈裟」についての一考察−「赤甲袈裟」を中心として−
涅槃に対する種々の考察
真言の特性について−大日経疏を中心に
覚鑁の教学に見る三劫段解釈
頼瑜の歌学−「真俗雑記問答鈔」に見る歌会次第をめぐって−
輪廻思想の淵源につきて
西上総に伝わる釘念仏信仰について
『釈摩訶衍論』における「廻向遍布門」について
インドの仏教信仰−中国人求法僧の記録より−
「梁塵秘抄」の略頌の今様とその周辺
「復禮の六難」(眞妄偈)の認識論的解明
真言各流声明の比較研究−四智梵語について−
子供の見た仏様
釈摩訶衍論における真如−特に三十二法門を中心として
六大より見たボルン著アインシュタインの相対性理論の考察 1,3
法華経
「釈摩訶衍論」における<大覚者>とは何か?
労働問題私見
『声聞地』の「ヨーガーチャーラ YOGACARA」
伝法院流所用「曼荼羅供次第」
住心品疏における十縁生句の一考察
「真俗雑記問答鈔」について
即身成仏思想についての一考察−安然の成仏論と異本「即身成仏義」をめぐって−
基督教の難関透否如何
体相用と自体相用−釈論を中心として−
「真言行人即身成仏事」について−その基本構造を再検証する−
興教大師
「大日経」所説の菩提心について
鳳潭と実詮「密乗菩提心戒義」の一考察
良賁の生涯及び不空三蔵との関係について
興教大師が高野方より嫉まれたる事情に就て
「釈摩訶衍論」と密教 1−『釈摩訶衍論』に於ける字輪について−
密教経典に説かれる開敷華王如来について
阿頼耶識の史的考察
月城集 1巻
五秘密曼荼羅について
八世紀における神宮寺出現の一背景−満願の人物像をめぐって−
「初発心時便成正覚」の論理構造と本覚思想−無明はそのままで直ちに明である(無明即明)−
性縁二起論
チベット訳錫杖執持一切遊行所作儀軌について
初期中観派における「中論」注釈書について−第1章・第2偈、第3偈の異同をめぐって−
空海の国家観の変遷について−「三教指帰」と「弁正論」を軸として−
興教大師覚鑁の曼荼羅観について
梵行と身体性について−<津田仏教学>研究への試み−
宗教と神秘主義並に暗示
一切衆生を幸せにする二利行の実践
空海の著作における五相成身観について
ナーガールジュナとラサーヤナ
機教相応門教益歌甚となる迄
「陀羅尼集経」における潅頂儀礼をめぐって
真言宗における観法(阿字観)浸透の可能性−壇信徒が安心を育む教化活動の模索−
世親の浄土観
「仁王経開題」の背景思想
ブッダグヒヤのタントリズム−8世紀・チベットの仏教統制の一事情−
富教安心章に引用せる証文の考察
現存「業施設論」の翻訳 2
檀信徒教化のための真言密教禅、密教瞑想法(阿字観)の可能性
能求の菩提心
十六生成仏論管見
真言宗智山派における教化活動としての阿字観
空海の「即身」観の源底に流れる「自然」について−その動態構造と山林修行者的特質−
運敞僧正の著作について−開匳編と劫心義章 1〜4
仏法者のための月輪観法−十住心と十牛図による−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る