初期大乗経典と密教思想
近代俳句と仏教−高浜虚子について−
釈摩訶衍論における心生滅門解釈
瑜伽行に関する一考察
弥生のタイムカプセル
阿弥陀如来根本陀羅尼の研究−陀羅尼の類型化から導かれる成立試論−
巴利語のSISA-VETHAに就いて
人口減少の原因−盛岡藩の凶荒と堕胎間引についての一例−
リア王について
大疏末釈の一考察 3−三劫段について−
BUDDHAGUHYA作「チベット王への師の書簡」について
文芸の根底となる大自然の大生命について
上代における星形文刀について
<即身成仏>思想の検討−特に<六大>説を中心として−
被災地との関わりから見えてきたこと−阪神淡路大震災と東日本大震災−
熊野権現の平家物語に於ける地位
嵯峨の屋おむろ研究ノート−習作期から抬頭期まで−
大乗密厳経について 3−五大院安然における密厳経
真言宗智山派における教化研究(伝道学)の現況とこれから−檀信徒と共に寺院を元気づける方法論−
梵漢雑俎
瑜伽師地論菩薩地戒品におけるSAMVARA-SILAとSILA-SAMVARAの検討
三千大千世界と相対性理論的宇宙観について
覚鑁上人と其の時代−特に阿弥陀思想を顧慮して
ラーマーヌジャに論駁される不二一元論
菩提心についての一考察−仏性論の場合−
智積院所蔵の国語国文学関係の善本一班 1,2
清涼山志 8巻
ヨーガスートラにおける心CITTAについて
弘法大師教学における中観思想−「十住心論」第七住心を中心として−
インド民俗神の概念
SANKARA AD BRAHMASUTRAのYOGA派批判-S'AD BS及びBHAMATI 2,1,3,の翻訳-
江戸仏教の特質 3−沢庵の人と思想
刈田嶺神と蔵王嶽
弘法大師の立教開宗
青年僧侶の寺院意識
VISNUの天界−VAIKUNTHA天界の原像について
思想家としての弘法大師
人間性と教育
三昧耶戒について
「更科日記」“萩の葉、萩の葉”の発想
概観清朝仏教史
近世多摩の地域社会と寺院−高尾山薬王院文書を中心に−
弘法大師の声字実相観
弘法大師に於る<法身説法>説の展開について−開題類を中心として
葬儀習慣の変化と個人化(第五十五回 智山教学大会記念講演)
真言教化の構造−三大円融無礙の教化−
弘法大師の神祇観−神仏習合思想史上に於ける大師の位置
文芸の内包と形式について
菩提心について−特に涅槃経を中心として
明恵上人夢記研究の現況と問題点
大津のほとけたち
智山勧学会の歴史と展望
教舜記「金剛界口傳鈔」三巻について
弘法大師の法華経観−法華経開題を中心として
摂大乗論における法界について
聖憲作、良尊鈔注「病中寓言 阿字観鈔」考 3−祐宣僧正、中性院流受法の師「良尊」推考−
勝磨曼荼羅に関する比較宗教哲学的一考察−瞑想の神秘主義と行為の神秘主義
頼瑜の夢想
弘法大師の修行論
曇寂撰「一期大要略出私記」について
四智梵語の反音について
チョーサーの説話と「今昔物語集」の比較研究
妙見菩薩の図像について
弘法大師の法身観
弘法大師の空思想について
敦煌本「仏頂尊勝陀羅尼」の研究−翻刻と解説−
弘法大師行状絵詞の成立
空海の『声字実相義』における「法身是実相」の構造−三密加持による声字実相の真言観−
勝初瑜伽経とSRI-PARAMADI-TANTRA
真言密教における成仏思想に対する一考察
壮麗たる台密寺院
『真俗雑記問答鈔』における「栂尾義」について−「我見自心形如月輪」解釈を中心に−
二つの「マンスフィールド記念館」
『瑜伽師地論』における止・挙・捨について
犢子哲学概論
重誉の即身成仏理解
南光坊天海の書籍蒐集について
仏頂尊勝陀羅尼経幢の研究
興教大師の教主義に就て
弘法大師の教理体系に於ける金剛頂経の位置
高楠順次郎における仏教教育
「虚空蔵法」について−道場観を中心として−
「御注金剛般若波羅蜜経宣演」の註釈的研究
『釈摩訶衍論』が説く「二種の本法」と「真如門・姓滅門」の意味内容
印度に於ける哲学思想の由来及び其の発達
弘法大師の書道
仏教社会学の序論的考察
新義真言宗智山方移転地制度について
『大日経開題』における「釈摩訶衍論」の引用理解について
空海弟子集団の成立
近江商人一つの故郷
决権実論
言語<社会的なプラクティス>について語ること−プラグマティズムとその帰結−
真言宗教相の分裂
弘法大師に於ける生の自由−即身成仏に関する一つの理解
ドイツ語訳「源氏物語」について
『愍諭弁惑章』にみられる安慧の即身成仏思想について
「行基菩薩秘文」と舎利伝承
ヤコッブ・ベーメ
平家物語に描かれた高野聖地の一断面

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る