「十巻章」の読曲について
宗教対話の可能性−パウル・ティリッヒを中心に
『十住心論』の研究−「凡聖界地章」の引用を中心として−
三業度人の制の変遷
将来の宗教如何
弘法大師と伝教大師
後期ヨーガの一側面−HATHAYOGA-PRADIPIKA−
欧米文化摂取時の心理学の状況
近世における真言宗寺院の諸相−智積院「日鑑」にみえる−
「釈摩訶衍論」の五重問答について
維摩経の大綱
観空智恵の論題に就て
ヴィシュヌ・プラーナにおけるインドラ
藤原為忠の事歴とその常盤の三寂の出家をめぐって
資料紹介 智積院新文庫所蔵「視覃雑記」について
鳥羽壇所を巡る訓点本流布の問題−智積院新文庫蔵「胎蔵界念誦儀軌」の分析を通して−
三密具闕論の変遷
興教大師の弥陀観
織田信長の高野山攻めにおける調伏祈祷と高野山客僧
御室と教学研究
真言宗に於ける釈摩訶衍論
シャーンディルヤ・ウパニシャット和訳
三昧と生活規範−般舟三昧経を事例として
智積院朱印地大鳳寺村をめぐって−畿内近国を中心にした近世寺社領と寺社支配の論点−
「所有」および「無所有」の思想史的基礎−その3(環境風土学として)−
創造的生活
三十帖策子にみられる金剛頂瑜伽経十八会指帰について
近世真義真言宗にみる僧侶集団
日本人の精神文化と仏教−卒塔婆小町をめぐって−
宇宙論と信仰問題
民間信仰と地域社会
『十不二門』の第七「自他不二門」・第八「三業不二門」の解明
不二摩訶衍法と如義言説
解脱の新意義
百論序
KRIYASAMGRAHAPANJIKAの潅頂論 1−瓶潅頂の梵文校訂テクスト及び考察
チベットに伝承される『金剛頂タントラ』所説の曼荼羅の図像について−シャル寺の作例を中心に−
「孝養集」の六道説−六道絵制作の思想背景をめぐって−
宗教の進化と吾人の要求
日本の儒学−儒学思想の日本的展開
青目釈『中論』における戯論の用例
弘法大師における仏身観の源流を求めて
「自我の研究」に現われたる根本自我に就て
THE NOTES ON THE CONCEPT OF DELIMITATION
『陀羅尼集経』の普集会陀羅尼について
近世新義真言宗における学侶の修学について
社会学の必要
近代における真言宗の教育
宗秘論の諸問題
『金剛頂経』の構成について
中性院頼瑜における自性会と加持世界−「自性会因人」「実行当機」の算題をめぐって−
哲学のアポロジー
光厳教会遍照講四十年史
秘密三昧耶仏戒義をめぐって−入曼荼羅抄に於る引用を中心に
醍醐寺三宝院流所伝愛染明王法攷
甲斐の国の仏像
京都付近に於ける興教大師の遺物及び縁故地
「大日経疏」に見られる華厳的要素について
唯識論上に現われたる因果論
心理学的人間学−欲望的人間をめぐって
日輪観について
因姪リ焔の字義
唯心房集今様について−その典拠と作者との問題−
奈良法師と平家
詩的タゴール氏と現代の印度
宗教家と社会問題
「妖精の女王」における森−その寓意的主題性
無常観を論ず
世界文学より見たる弘法大師
吉蔵の二諦説について
事相の興隆
弘法大師と大自然
弘法大師の成仏思想についての一考察 1,2
教舜記「十八道口伝鈔」二巻について
世界大戦の由来と其の影響
真宗密教における観法についての−特に大日経疏を中心として
近代の真言宗智山派における実子相続論議について
口の疏に現われたる薄伽梵の解釈に就て
金剛頂経における十六大菩薩の出土について
性理学(心学)の系譜
台密の教相
長崎開港と浮世絵版画
仏教行事と地域社会の関連について
僧肇における仏教信仰の特徴について
二匹の蛇の食い合
仏性の密教観より安心問題−曼荼羅思想の発想へ−
江戸時代の触頭制度について−特に真言、天台、浄土宗を中心に−
幼童の稽古−東京大学史料編纂所蔵「連々令稽古双紙以下之事」にみる文学書・付影印−
七箇の荘園に就て
中世智積院の成立に関する一試論−智積院新文庫蔵「通解抄」を手懸かりとして−
法寳の一乗観−『一乗仏性究竟論』「一乗顕密章」を中心に−
覚鑁上人の史的位置
密教と民間信仰との関係−東北地方の一山寺院を中心として−
院政期浄土教と十二光仏
華厳思想と即身成仏
中世根来寺伽藍の成立−高野山大伝法院から根来寺大伝法院へ−
現代僧侶非難に対する批判
中世における仏教教育 3 親鸞の場合
インド・中国・日本の仏教教団−教理と教団
圓測の一乗観−「解深密経疏」における三乗と一乗の平等性−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る