瑩山大師の大遠忌に就て
桜花と美人
造られつゝある国家及国民にまず理想を造らしめよ
身投げ詐欺(一幕)
予算錯誤問題に題す
千歳の恨事とや言はん(大暹羅皇帝陛下を奉迎して)
柳水庵を訪ふ−四国霊場巡拝の途次
野人の言
昭和九年の深刻日本思想傾動
註華厳金師子章
宗教国体法草案を見て
林(銑十郎)大将を語る
現下の非常時局に於て全国民の自誡すべき重要なる事柄
画房余滴 1,
皇軍精神の真姿
仏教の真価
仏教々学に対する懐疑−幽玄病解脱の要求
禅宗と性欲問題
因襲特権に死せる仏教より正信正命の活ける仏性の開顕へ
逆境の恩寵
桜の国
仏教社会事業の使命と中央仏教団の企画
思想善導の基準
協同活動の米国新教徒一観察 2〜4,−今後教団の採るべき必要な傾向
日本医師としての立場から(大暹羅皇帝陛下を奉迎して)
漢詩漫談
犠牲と至誠
国家経論と日本仏教−蓑田胸喜氏新著学術維新原理日本を批判す
非常時と信仰
三元の思ひで
蟻談義
黒衣の宰相
仏教語の陰影
安南の仏教
実際の修行
時代と徳教
仏教革新の意義
無為の人良寛
余が入信の動機−並に現在の仏教に対する感想
遠忌を迎へての所感
時勢に順応するを要す(宗門の財政政策と寺院財産安全法)
花と人
予が大谷派改正宗憲及大谷家改正家範の撤回を絶叫する所以
邪婬珍考漫考 1〜9,11〜16,
本邦御滞在の一日も短かからんことを(大暹羅皇帝陛下を奉迎して)
梵教徒の結婚
国民的信念の素地を養う仏教
新布教線の拡充と計画
或る日の良寛
時局と仏教に関する一基本的考察
信的徹底
彼岸三昧
日曜学校と寺小屋教育
数馬の一夜
社会改造の改造−矛盾の心理に注意せよ
青年男女信仰の種々相
衆議院議員総選挙に面して
仏教の平等観
布教問題に直面して
国家への貢献か宗派の内訌か
人及び宗教家としての釈尊
照魔鏡(正信問題) 3〜10,
信仰とは何ぞや
観音経の読曲に就て
仏教理想の新展開
蔓草漫筆
国民の宗教的信念の尊重−信あらざれば物無し
仏教の現実批判−道元と親鸞の態度
隠れたる天海僧正の事蹟
宗教的自覚に就て
寧ろ社会的に突進せよ
信仰に就て
教界刷新管見
乾海苔の由来
財政々策の根本義(宗門の財政政策と寺院財産安全法)
不思議な花の精
忽滑谷博士と原田老師
万葉集を通じて観たる宗教思想
東洋研究特に大暹羅国研究の切要(大暹羅皇帝陛下を奉迎して)
非常時と信仰
仏教大学の現代性と講座改組の必要を論ず
鮮満支に旅して−始めて知る日本人の幸福
仏教と科学
「我」を超えるもの
法華経より見たる仏教
教界革新の第一歩
福田博士の厚生経済学
病人の言葉
釈尊降誕と其半生
個数制度による課金法(宗門の財政政策と寺院財産安全法)
社会及宗教問題の根本を論じ仏徒の覚醒を促す
僧侶仏法より居士仏法へ
正信か偽信か
創作 ふざける(建設 2〜4)
大暹羅国皇帝陛下に上る書(大暹羅皇帝陛下を奉迎して)
妻病む
釈尊降誕の意義
戦塵の巷を行く
教学新聞と奥田宏雲論
神仏対立の邪説を破す(松永材氏の廃仏思想批判)

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る