忽滑谷博士の異安心擁護論者に与ふ
夏の写経
科学者と宗教
亜細亜遍路−在亜富汗斯坦首府加武留
内鮮融和に対する仏教の使命−並に朝鮮仏教の現状
仏教と自由主義
軍国の仏教徒
福井学圃先生を悼む
現代の抗争思潮を悲む
八幡太郎義家
仏教と国力、仏徒と国民
降誕会の家庭化
マルクス主義と禅−覚え書
最禅寺の活説法
現代の世相を論じて宗教的精神の作興を叫ぶ
満州国軍隊編入の志願に就て
満州国人の布教に全力を挙げよ
感じのよくない言葉
長期戦下の仏教界に呈す
不退転の覚悟
幕末史劇 騒擾
宗教法草案の解剖批判
海軍制限費と文化的施設
人格啓発的に
ある日の友
四無量心について
時代の転向と人格の深化
春燈法壇
国民更生と禅
仏教徒としての生活規範を制定せよ(真の精神生活の本旨に復れ)
摂取不捨の利益
人間生活の向上と仏教
仏教台頭の新機会
宗教に不朽の功績を存せる安達謙蔵氏
仏教報国
世界平和の理想
釈尊求道の動機に対する一面観
戦後の活問題に対する仏教家の期待
僧侶の本業と生活の改善
教界革新の要諦
皇室と仏教
隨縁漫筆
空港へ
努力せよ努力せよ
正信問題と禅の宗旨
大本教訪問の記
各層分裂運動に対して仏教徒の奮起を促す
新日本仏教の建設
満鮮人に仏教根本精神の移植を
弥勒信仰に就て(謡曲と仏教 2)
道教の娘たちと仏教の婦たち
宗教家と政治
根深く源遠し
新問題と古仏戒
戦後の活問題に対する仏教家の期待
東西文化の交渉と其の研究
当来の宗教及び其尺度
仏教に現われたる長生不老法 1,2,
渡辺華山と田崎草雲
二の杞憂
仏連に関する記事に就きて
遥か彼方なる或るもの
上海慰問での散見
誰でも宗教する
大黒天の話(七福神の研究 1)
戦後の思想問題
美術的遺物に現れたる釈尊の伝記及文学
蒙古周遊を終へて
改造問題の精神と仏教
剣僧雑譚
観潮楼の二日
悪龍ヶ淵母子心中
思潮漫評
病間録
統制よりはまづ整理と昂揚
教会へ行く子供達−西洋人の信仰生活を語る
戦後の精神界
参政権獲得の急務
仏教総合大学に関する具体的意見
西田博士の「私の主意主義の意味」を評す
梅雨物語
共産党事件の成行如何
英雄論
非常時の修養と信仰
日本仏教徒の支那進出に関連して
痩嶺の朝風−六祖と明上座

日本仏教徒は眠れるのか
文化の第一義と人格の教
総合大学設立の価値
鎮護国家の宗教
大乗仏教の根本精神
本朝古今碁譚
共産党事件と文化政策
未到の山室生の憧憬(未見の人荒木良仙僧正に酬ゆ)
満州開教私見七則
日本精神とは忠孝の大道のみ
桜と日本国民性
僧侶妻帯の可否を論ず
手記の中から

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る