印度の仏教建築に就て
帝国議会と宗教問題
大いに前途に注意すべし
仏教経典に就ての評論
宗教家は政事家の脳髄を支配せざるべからす、政事家は宗教家の運命を輔翼せざる可からす
瑞典保里と弘法大師
慈善事業を論じて貧民学校設立の必要に及ぶ
日本徳育の基礎如何
古義教育私議
四年ぶりの日本仏教界
説教
台湾布教に就て
社会学上より見たる宗教の傾向
現代思想界の毒流
仏教の倫理的基礎
密宗安心教示章講義録
海城叢談
中庸を読む
仏教と理学
先ず平易なる仏教を与えよ
現世教と未来教
仏教文学の前途第一
戦争と教育
仏教的靖国神社
信仰過度の危機
霊魂論
川崎所感
仏教と婆羅門教との関係
弘法大師略伝
日本今日の道徳
報償論と因果説
印度思想の交通
戒行は持つべし邪念は生ずべからず
分離と合同 上下
改革者の声
未来教を排す
門外論者の注意
教王仏陀に就ての評論
阿字活論の総論
規範学としての倫理学
新仏教の勃興と会合団結
宗教観
戦勝紀念新案
慈覚大師勅修潅頂の官符について
七箇大事における四句成道について
台密に於ける宗淵闍梨の業績
「明矢石論」における真言批判の限界について
賓頭盧尊者信仰について-平安時代の信仰-
近世寺院における妻帯僧の取扱いについて
韓国天台宗の実状
「内證仏法相承血脈譜」新義(承前)
南嶽慧思における衆生身について
般若心経とは何か−その核心−
「拾遺往生伝」における天台
智旭の起信論解釈について
導師が故人を往生・成仏させる可能根拠−常用経本を元に−
『和漢朗詠集』の天台
「金剛頂瑜伽中略出念誦経」についての一考察
法華経法師品の「則為如来肩所荷擔」について
妙行心要集の称名念仏について
エキゾチック文化散策ガイド
天台の念仏を求めて その1−霊空と義端の論諍−
「涅槃経集解」所立の科文について
法華経法師功徳品(舌根段)の梵漢対照上の一問題
優婆離唄の一考察
「守護国界章」における蓮華釈
法然房円頓戒相伝考
仏教的教育方法論−その反省と実践−
鳥取県の木喰仏梵字考
「法華五部九巻書」と翁猿楽について
章安潅頂における涅槃と仏性
六萬九千三百八十四言攷
成尋の参五臺山行
玉泉天台について
伝教大師における「小乗」
等流身について
七巻本『妙法蓮華経』の日本請来
『真如堂縁起』の天台
大乗教典に現われた音楽観−大樹緊那羅王所問経について−
隆寛律師の「彌陀本願義」
寺門流護摩次第
照于一隅考-教学は布教に追随
発菩提心についての一考察-「妙法蓮華経」を中心に-
戒光院本『胎密契愚鈔』の紹介
道元禅師と円頓戒
智周戒疏の成立に関する一考察
恵心僧都と円戒
中国仏教における約心観仏
江戸時代における天台の念仏聖・法道にみる事績の特色−真盛門流における教学上の転換を役割として−
身延文庫蔵『摩訶止観見聞』中観の一考察
開封における成尋 3−公文書と書簡から見る北宋朝廷の仏教対応−
宗祖以前における般若部経典の受容
伽陀旋律考 1,2
心法形色
栄西入宋の意図について
金鑚宮談所の系譜について−泰芸の三重七箇相伝から−
日吉山王神の歴史区分 前編
癡空撰「因明犬三支」について
「天台三大部」の思想-引用経典をめぐって-
廃仏棄釈による天台宗の廃寺數

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る