智??が慧思より承けたもの
「性無作假色」について
「六妙法門」に関する一考察
天台大師における慈悲の一考察
「いのち」−学校における生と死の準備教育−
九州地方の仏教建築
「阿弥陀経」に見る行法
『守護国界章』における化儀四教と五味との関係
事と理の構造-「次第禅門」の場合-
五停心観について
加持・祈祷について
湛然の六即行位解釈をめぐって
教育方法体系としての四教・三観・四悉檀
孤山智円の三教観
中国における通相三観釈の展開
「法華玄義」の境智行妙について
天台教理的に見た国語教育方法論
法聡撰「観無量寿仏経疏記」について
羅漢供式について
安然の五蔵観について
尊舜の著作について
涅槃経玄義文句について−道暹作を疑う−
梁高僧伝に見られる禅観−亡身篇・明律篇を中心として−
「止観義例」に関する一考察-喩疑顕正例を中心として-
伝教大師における無常仏性説について
天台大師における理の概念
当流伝授次第 写本
山家の種子観
天台大師における別教
法進撰「沙彌十戒並威儀経疏」について
中国における放生思想の展開-施食思想との関連を中心に-
「広弘明集」所収懺文類の一考察
天台観心の基礎としての己心 2
不定教における二乗作仏について−証真説に着目して−
本宗伝道布教の本義-宗祖の「道心」について-
「金剛?逖_」のテキストについて
『教時問答』における「一道」の解釈について
「払惑袖中策」について
真迢『破邪顕正記』の日蓮宗批判とその真意
ペトロフスキー本法華経原典の特色について-序品から人記品まで-
西塔東陽房について
宗祖の三学一源思想
叡山大師伝についての検討
良源撰「被接義私記」について
天台における四土説の一考察−常寂光土を中心として−
実相の異名をめぐって
宇佐八幡と九州の仏教文化
天台維摩疏における異時平等と一時平等
往生要集の科段について
孤山智円の儒仏道三教観
法華経における注意すべき用語について
「大本四教義」における通教−『諦観録』との比較を中心に−
「秘密不定教」に関する一試論
論義における仏身義の展開−自受用身を中心として−
雲黙撰『釈迦如来行跡頌』の「華厳阿含一時」説について
「文殊儀軌経」にみる大集会
大小比叡明神と円珍
天台宗最古の「宗要集」の成立形態
三縁の慈悲に関する一考察
伝教大師最澄における伝法について−特に湛然との関係を中心に−
天台大師における発菩提心
仏教興起の歴史的意義
真海十帖について
華厳経の譬喩研究-他経と比較して-
慈覚大師生誕地考
現代社会の諸問題と宗教(仏教)の可能性
近世・近代を飾る文人・画人たち
『維摩経文疏』における「宴坐」について
天台大師の央掘魔羅経引用について
古今著聞集と比叡山
「大日本国法華経験記」における天台
行香について
失われる共生、求められる共生
「続高僧伝」習禅篇と初期天台
『金剛?轣xテキストに関する一考察
天台における仏土説の一考察−方便有余土と通教について−
「山家最略記」と「義源勘註」
世阿彌の「天台妙釈」と止観的美意識
法処所摂の色
いのちと仏教−豊饒と感謝−
武西の六座念仏について
頓悟をめぐる一考察
戒家における一心戒蔵の問題
『大本四教義』における蔵教の扱い
伝教大師と智証大師の密教
凝然大徳にみられる天台教判
趣向仏果
自然成道と一切法皆自然-大日経の自然観-
寂光大師円澄と修禅大師義真 1,2
演説者の注意個条
仏教と仏教学に期待されるもの
浄財勧募について
九州の談義所について
再び山王神道と一字金輪仏頂について
慈悲における感応について
東寺蔵・相覚写・大日経義釈について
正覚院豪盛の一考察-妙法院文書を中心として-
日蓮聖人に見る台密の影響
五台山寺院音楽の一考察
『』カルヤーナデーヴァ注に言及される菩薩の孤高(VIVEKA)と「八千頌般若経」について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る