安慧和尚攷
仏教は現代の生老病死を救えるか−仏教とターミナルケア−
関東檀林の順次竪入について
木喰上人梵字考
奈良朝仏教の戒学
明末における釈天論衡 1,2
「照千(于)一隅」の本義
高麗天台僧雲黙撰「釈迦如来行跡頌」の勸誡について
瓦官寺跡の現況
『瑜伽論』梵文研究−八種虚妄分別を中心に−
東海地方と近江の仏像
『阿弥陀経見聞』の成立について
五種三観について
智證大師の入唐求法について
伝教大師における教・機・時
観音経研究ノート 2−二求の構造について−
什訳法華経における俗語の二三について
人それぞれ、布教もそれぞれ
天台大師智??の本迹論
「妙成就記」について
天台宗寺院本末帳の成立年次考
「講演法華儀」における仏の取り扱い
寺院における文化の継承と布教
“止観的美意識”の源泉
安然「斟定草木成仏私記」の要点
往生要集所引の安楽集について
蓮華三喩について 1
求道房恵尋の「一心妙戒」の思想
祖伝における桓武帝崩御の意義
あなたの中の仏に会いに−布教者の願い−
秘密獨聞鈔について
雨乞い儀礼について-仏教儀礼研究の視座をめぐって-
部派大乗の涅槃思想
天台宗小史(日本の部) 5,6
和文のお経を読む
「照于一隅」問題についての結論
古代の庭
「注維摩詰経」肇注の縁起論をめぐって
覚運の「観無量寿経疏顕要記破文」について
「輔行」に於ける“具”の解釈
「弾偽褒真抄」における変徴・変宮の問題について
慈覚大師と楊卿・楊郎中・裴郎中
「中尊寺経移動考」批判
「法華玄義釈籖」に於ける「可」字の用例について
宝地房證真と円戒
天台大師和讃の現代語訳
自行念仏試論
坐禅と二十五方便
無量義経説法品を読んで
五教章寿霊疏の成立に関する一考察
宗祖の「授菩薩戒儀」と智證大師の「裏書」
蔵俊の「唯量抄」における源信批判について
亦有亦無、非有非無の論理について
伝教大師の山王説について
五大院安然和尚の菩提心義抄考
密教と治病
往生要集の念仏
宝地房證真の本迹論
チベット文「五台山誌」 1,2
日光天海蔵「法華玄義抄」と関東天台
「円頓章」章首の読み方について
霊山同聴について
天台学とはなにか
普賢法 異筆写5通
最初の台密十八道軌
法華玄義の衆生法-特に十界の成立について-
最澄・義真撰「比叡山寺僧院記」(三井寺蔵・国宝)の検討
あなたの中の仏に会いに
五時八教論
運慶の願経と園城寺の霊泉
元三大師御影について
真阿宗淵僧都の「尊き御法」
密教におけるTILAKAについて
貞慶「解脱上人小章集」における浄土義
「大乗義章」十二因縁義について
往生要集の往生観
「天台法華宗牛頭法門要纂」の牛頭の名称について
「通別五時」攷−天台疏と吉蔵疏をめぐって−
隆寛律師における善導至誠心釈の理解
安楽律における戒體論争
恵心僧都と成唯識論-「大乗対倶抄」を中心として-
木蘭色と訶梨勒
慈雲遵式の浄土教
摩訶止観と徒然草 6−止観的美意識について−
「山家要略記」の全體像
十八道における仏頂尊と仏眼部母
「曽我物語」の天台
脳死・臓器移植に対する各宗派の意見
禮拜と奉仕−大乗菩薩行の基體として−
聖徳太子十七條憲法の和とその実践
法華経より無量寿経へ−釈迦の誓願より彌陀の誓願へ−
円融蔵本「山家要略記」の成立に関する一考察
随自意三昧の修行法について
「一乗沙弥」をめぐって
豎義の話
真俗一貫と仏教カウンセリング-應用仏教(諸)学の構造-
色入法界海について
仁空の即身成仏論-大日経義釈の解釈を廻って-
大蘇山雑感−慧思の生きざま−
天台学問寺に見られる法度・條制−成菩提院文書より−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る