台密の耳語戒について
十乗観法と十地
「山家要略記」についての一問題
スートラサムッチャヤの方便
近世における西塔正観院權室の形成と展開−近江国柏原成菩提院との関係を中心に−
金剛?逖_と大乗起信論との関係
楞厳経の解釈にみる天台教義
中世の川越仙波談義所について
六即と「六乗」
章安尊者の戒律観
智證大師伝の資料の問題-とくに三善清行撰について-
「悉曇蔵」について
北魏と北周の廃仏について−崔浩と衛元嵩−
証真の教学における教証二道
近世文学と東海道
(書評)佐藤哲英博士著「天台大師の研究」を評す
仏教儀礼の変容
伊賀流(恵心流)天台学の系譜
安然における三昧耶戒と円戒
親鸞浄土教における恵心教学
湛然の真如観
天台維摩経疏における不二について
慧文禅師の周辺
「胎密契愚抄」について
不空奏上の文殊上座と最澄提唱の僧形文殊
伝教大師の教主観-宗法の天台宗本に関連して-
「大日経」の三句義と菩薩道
劉?ナ撰「注無量義経」について
戒家にみられる信心についての一考察
性無作假色の戒體論について
潅頂伝に関する一・二の問題
天台大師の仏土観
?C宏の浄土教
心・仏・衆生の三法について
感謝の心を忘れずに
戒名のつけ方
伝教大師に扱われた懺悔
隋自意と覚意三昧
台密の機根論に関する一問題
「生命いのち」(法華経から)−久遠の生命の中で−
お経のよみ方-お経をよむ前の準備-
伝燈撰「性善悪論」の特色
「梵唄」についての一考察
法華経−生命から−
擬伝教大師撰「心経釈」の真偽問題
日本天台における「釈摩訶衍論」の受容について-五大院安然を中心に-
門跡寺院の本末関係について
本宗の僧侶たる最低の資格に就いて思う
十界について
新出本「東叡山本末帳」(養玉院本)について
円教における道場について−『維摩経文疏』を中心として−
全師の法華文句註釈書
天台における「倶舎論」研究の系譜
止観による知の整合性
止観的美意識の展開-自然の美の見方-
「山家要略記」属諸本と成乗坊義源の位置
宗教(仏教)と自然科学(物理学)の相似性について 1〜3
彌勒下生の聖地
無性有情考-「一乗要決」における慧沼批判-
甲念仏の一考察-天台聲明における甲乙について-
唐末・宋天台の系譜
食事と斎戒沐浴について
「沙石集」における天台
阿彌陀経の成立について
布教と宗学−一隅を照らす運動を中心として−
宝地房證真の菩提心説-九識説をめぐって-
禅竹の六輪一露と色心不二
近世天台宗の教育方法
吉蔵の浄土論について-天台との関係-
智證大師円珍「辟支仏」観について
密教の禅観-大日経を中心として-
華厳鳳潭の天台義-特に性具・性起同一論について-
正像末三時思想について
「大乗義章」の涅槃義について
赤山明神に関する一考察
聖徳太子の慧思禅師後身説について-資料P.CH.3198を中心として-
宗祖以前における梵網経の受容
爾前の一心三観について
慈覚大師の「即身成仏」解釈について
玄旨潅頂の成立と流伝
悉曇梵字の書体について-特に最近の宗門人の刊行物から-
知禮の実践論について
「二百題」を媒介とした證真教学と霊空教学に関する試論
慈覚大師円仁の仏身観における一問題
天台禅門における四禅の一考察
「摩訶止観」における発菩提心
三大部要決をめぐる一、二の問題
天台小止観の成立について
五讃嘆の訳解について
一生入妙覚について-證真を中心に-
仏教年中行事の構造と滅罪
三輪神道と山王
天台初期の三観思想
聖覚法印の浄土教−四十八願釈の真偽をめぐって−
隋末唐初における天台法門の流伝
義科「枕月集」成立年時考
天台教学と英語世界
日本天台における袈裟観-伝教大師遺誡にみる服の意味について-
安然の仏身論の東密への影響
「本朝高僧伝」の天台

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る