湛然の『金剛碑』撰述の背景をめぐる一試論−李華の「鶚執狐記」を視点として−
BUDDHAGUHYA<タントラ義入>
重授戒潅頂の興起
「開方便門」をめぐって−特に維摩経について−
東山の仏像
「太平記」における天台
『釈門正統』に見られる釈尊観−「娑婆教主釈迦牟尼世尊本紀条」の分析を中心に−
念と聲について−とくに名号論と関連して−
「往生論」の一法句について
諸法実相の時間的側面
三智についての一考察
天台義における阿字本不生と法身説法
仏寺年中行事の消長をめぐって
「次第禅門」における首楞厳心について-内方便をめぐって-
智??の化法四教観に関する一考察
四條式允許考
天台大師別伝について
「篭山発願文」真撰説への私見
一念三千についての一考察−ディヴィドソン的観点から−
沙石集の本覚思想と神
顕密融合教理の一考察
葛川明王院蔵「諸御領役御仏事用途廻文」再考
一念霊知について
宗祖と自誓受戒
本覚思想による神仏一體即自然
「往生要集」の円融思想-良忍・親鸞への影響-
日本精神文化と心の健康
引聲についての一考察
択瑛の浄土教
初期趙宋天台の戒学
日本近代思想家の天台観 1−包弁證法における三諦論の位置−
千年
法然門流初期教学と中古天台 1-證空の特殊名目「行門・観門・弘願」成立の思想背景-
「守護国界章」における妙法釈
箟峰寺本尊「文和の胎内納経」の解読
仏頂尊勝陀羅尼の伝播と儀式
天台宗と法眼宗
「三観義」の拆空観について
天台学会・布教師会合同シンポジウム「現代社会における仏教の役割−葬儀の意義と意味−」
弾偽褒真鈔について-魚山聲明の正統を論ず-
三種教相論
照千・照于論諍の問題点
「倶舎論」賢聖品における減縁減行について-特に「北林鈔」を中心にして-
宗教・カウンセリング・医療の限界状況−根を持つ生き方を再考する契機−
良助法親王とその自心寂光説 1,2−紅葉書と山王七社影響巻−
「三観義」所説の法門
「胎金瑜伽記」について
天台智??禅師における「文字」
隆寛律師の「極楽浄土宗義」について
親鸞と天台学
石津宗教哲学における実相論の位置-近代日本思想家の天台観 2-
五台山諸寺廟の僧數と石碑の現況について
仏頂尊勝陀羅尼に関する中国文献
法華経と初転法輪経(律蔵・大品)との交渉
葬送儀礼にみられる二面性について
弥勒法 異筆写3通
中国仏教における食事観-食作法を中心として-
対話的人間像
近代西蔵学の先駆者チョーマについて
極楽聲歌が実唱された講式法要
戒潅頂における「観心十二部経義」の意味
菩薩と分別
天台宗義集四教義の出據について
四運心について
静算と元初一念について
念仏と観心について-「四念処」を手掛りとして-
スコラ学としての天台教義−ある解釈の試み−
鎮将夜叉法の真言の訳解について
五悔思想の展開
十玄門と華厳の十地
聖一国師円爾に関する一考察
円琳撰『菩薩戒義疏鈔』に見られる戒体説−引用された「円頓止観」の一文をめぐって−
日本梵語学史の研究-宗淵書写本中に見える普賢行願讃について-
天台大師の浄土観と善導
葬送儀礼における「聖」と「俗」
源信の「因明論疏四相違略註釈」について
「天台法華宗牛頭法門要纂」の牛頭法門について
四弘誓願の諸相
善無畏の密教における医学思想
中国に於ける「大集経」の流伝に関するメモ
三種壊色の青について
仏説鸚鵡経一巻
「両院僧坊歴代記」の一考察
「摩訶止観第二見聞」の一考察
THE FOUR MODES OF INTERPRETATION(SSU-SHIH 四釈)OF THE LOTUS SUTRA:A NOTE ON TENDAI HERMENEUTICS
趙宋天台における戒體説
五大院安然と「瑜祇経」
「香讃」試釈
「一帖抄」と東陽座主秘決について
吉蔵における三諦三観説−「安楽行品」の経文解釈にみる−
カマラシーラの止観について
四種四諦と四教について-界内二教を中心に-
「撰集抄」における天台
菩薩戒儀形成に関する一考察
「大本四教義」における三観
地論教学と別教について
三因仏性説について
世阿彌の「天台妙釈」と本覚思想
天台止観における仏性について
「増鏡」の天台

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る