上野国青柳談所について−とくにその成立を中心に−
如来の蔵を開く鍵
往生要集の引用書について
縁起と業について-法華経をめぐって-
絶待妙と行位説
「阿弥陀経略記」に見る仏土
INTEGRATION OF PERSIAN GOD AND IMAGE OF BUDDHA
浄土院版「伝教大師将来目録」について−特にその序跋を中心として−
法華経二門義考−原始経典資料に基く考察−
「摩訶止観」病患境における五行説
智旭の戒律思想-心性論との関連性を中心にして-
尊舜編「尊談」について
チベットにおける戒律観−プトン、「入菩提行註」研究序−
天台維摩疏の三観について
紫式部と園城寺
「ダーカールナヴァ」所説智・ダーカ
最澄の「法華論」研鑽について
良忍の融通念仏創唱について
観音経研究ノート−「合掌向仏」の意味−
日本天台における唯識の研究
安養寺所蔵「慈性日記」について
天台伝南岳心要所出の略止観について
宝地房證真の密教観−天台真言二宗同異章を中心に−
近世日本梵語学史の研究-性善-
天台智??における「三界唯心」
梵我一如と一念三千
叡山浄土教における名聞利養
「摩訶止観」破法遍の特徴
中古天台における瑜祇経伝承の一側面-特に瑜祇経大悲胎蔵八字真言を中心に-
武蔵国金鑽談所について
被接における二、三の問題−蔵教の扱いをめぐって−
宝地房證真の「山家註無量義経抄」について
思託の菩薩・居士観
「山王一実神道秘録」について
業識見仏について
法雲、智??、吉蔵の因果観
源信と「維摩経」仏道品偈
「大乗摂灯」の著作的立場
「三国伝記」の天台
国際ロータリー交換留学生をお世話して−世界から来る若者にちょっぴり仏教を−
二諦論への再注目
伝教大師最澄の密教修法資料に関連する一、二の考察
真諦三蔵の三位説について
「カサマタントラ」の転依について
発心即到と自心伝
梵文写本と『維摩経』と『注維摩詰経』
神前の法楽
五條袈裟の縮小について
依憑天台集の跋文について
「天台電子仏典CD1」の概要
現代本宗布教における問題点−特に「一隅を照らす」について−
不空訳経中の仏頂尊曼荼羅について
水陸会形成に関わった天台系の学僧
南岳慧思禅師伝の問題点 2-伝記の資料と研究方法-
檀那流玄旨潅頂類目録案
時間論的にみた天台教観の一念心について
覚超の密教−「五相成身私記」の通達菩提心を中心に−
即心成仏について-円珍の教説に着目して-
叡山の入木道について
中国の「法華玄賛」末疏について
天台観経疏と往生要集
仁王経の戒学的意義
阿毘曇の中国的理解の一考察
「十如是」小考−権実の観点から−
天台禅門における身観の一考察
伝教大師行業記について
法華玄義の境と智について
五時八教に代えるべきもの−「天台四教儀」に代えるべきもの−
釈迦讚(應身讚)と諸天梵語讚(天龍八部讚)の訳解について
東大寺修二会と天台の例懴
荊渓尊者における伝統思想の問題 1−とくに老荘思想の受容と拒否−
孤山智円における首楞厳経の講讃
明導照源と盧山寺流義科書「盧談」について
「法華玄義」論用章について
江西・安徽の古刹-心にしみる風土とやさしい人たち(中国の旅 4)
重授戒潅頂-即事而真の象徴的行儀
天台密教の流れ-将来に国際化のきざし
五重相伝(西蓮寺)-阿弥陀信仰につながる農村地方の民俗信仰
玄旨帰命壇潅頂-密にして密にあらざる潅頂・・・・
「加持祈祷」の現代的再認識-永遠の真理に新しい生命
台密の特質とその現代的意義
弾誓流高声念仏-真俗一貫の行として
台密と民衆-ご利益のメカニズム
玄清法流覚書-鎮魂の力があると信じられた琵琶弾奏
居士林での止観の実践-心しずかに数息観をすれば・・・・
十歳の時の山中の行(ずいひつ)
不動明王のごとくに生きる-信者であり行者であり・・・・
福田尭穎大僧正小伝-一貫した「戒浄双修」の布教の信念
弁財天の信仰と修法-智恵・福徳の尊天
聖天信仰-真心で祈れば必ず叶う
二十五三昧式-六道講式ともいわれる和文調
巡礼は生きている-天台山国清寺・杭州西湖の寺々を巡って(中国の旅3)
元三大師密教と民間信仰-解行双修の威力
台密と東密の源流-自然智宗の受容をめぐって
比叡山と修験道-民衆に応える宗教
「天台と日本文学」偶感
西洋密教学事始-ヨーロッパにおける日本密教観の歴史的展望序説
「往生要集」の文学・芸術におよぼした影響-時の流れのなかで隅々にまで
仏教と和歌-天台教学と中世和歌を中心に
慈円と和歌-転換期を生きた慈円のこころ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る