日本の庶民文化の特質
ニュートンの科学思想
法華経と鎌倉仏教-親鸞・道元・日蓮の法華経受容の仕方の比較について-
考古学から見た東北の古代寺院
鯨で賑わった漁村
占領と日本宗教制度の改革-戦後日本の世俗化過程の一考察-
仏教より見た生と死
小選挙区制に対する批判
日本の都市と世界の都市
カントの科学
日蓮の釈尊観
昭和初期の思想と政党政治
日本のユーモアと西欧のユーモア
現代に問いかける仏教的価値観
雲崗の仏教美術について
鳩摩羅什を語る 5 -法華経の漢訳-
脳を操る仕組み-分子から心へ-
東洋文化と西洋文化
前漢時代における儒教的政治社会思想の発展-古代中国思想の考察 4-
日本銀行を軸とする日本金融史概観 1〜5,
カント哲学と科学思想
梵語について-梵語学の現代的意義-
近代科学における宗教社会学の学問的位置
カトリックにおける伝統と革新-信徒運動と社会的活動の意義-
科学と宗教
国文学の精神-短歌を中心として-
説話文学の伝播
孤島に残された神事
世俗社会での宗教的機能-人間の自叙伝的過程におけるメタファー-
全人格的思惟における生と死
ILO102号条約と国内法との関係
釈悟空の入竺について
シルク・ロード再訪記 上下
日本古代における仏教と道教 上下
モイラ言語-アリストテレスを超えて
人間の尊厳についての考察
法学の科学性
中国の学問神信仰初探
日本における宗教社会学の方法論的問題
アンコール=ワットについて
日本神話に見る生と死
信仰の尊厳-信仰の自由をめぐって-
法の効力
わが国仏教の公伝について-公伝年次の諸説とその検討-
チベット仏教史略説
中国哲学における生死観
科学と宗教(特別講演)
「文明の衝突」を超えて
弁証法的自然観と機械論的自然観-R・ハーヴェマン教授の問題提起によせて-
象徴のシンボル、古代の玉作り
南山之御陰楼
宗教多元主義 異文化/異宗教間の対話の基礎づけ
真誥語彙索引
共感的理解と客観的凝視
仏教の平和思想
「宗教的」モデル-ポストモダンのパラダイム-
創価学会の真の国際化に向けて
俳諧と散文-浮世草子の成立に関して-
市原市公害対策の現況と各国における大気汚染の許容量の比較
近代化の過程における伝統工芸家 2 西洋文化の受容と伝統技術
近代的知性のディレンマ-ベルグソンの宗教感に触れて-
キリスト教から見た生と死
もう一つの「理学」
中世日本仏教における信徒の意義
イスラムとの対話は可能か
平家物語の思想性
学問の方法
竜樹における空の思想-「中論」を中心として-
ガンジーと大乗仏教-非暴力と慈悲のヒューマニズム-
中小企業倒産の課題
アフリカにおける人類の歴史
修験の地の密教寺院
仏教思想史上の仏性論
マリア・ルーズ号事件について-日本の近代化の曙における人道主義裁判とその思想的背景-
唐代葬俗研究序説-特に埋葬法について-
敦煌資料と初期チベット仏教研究
東西思惟観の相違-生と死の問題-
ドイツにおける仏教受容の変遷
アフリカの民族文化
唯識説の基本思想
A・N・ホワイトヘッドの教育論における宗教的なるもの
キリスト教と創価学会の対話-南山宗教文化研究所編「カトリックと創価学会」の書評
民族主義とパン・アフリカニズム-アフリカの政治的現実-
日本語と日本精神(上下)
「更級日記」における夢-作者の道心との関連において-
大乗起信論の意義
明末宗教思想研究-管東溟の生涯とその思想-
宗教社会学が目指すもの
生と死の哲学-運命の言語を求めて-
ゴータマ・ブッダの遺産−その知性と慈愛と平和のメッセージ
都市公害と大気汚染問題の実情
大孔雀明王像 1紙
アフリカ社会の特質と近代化について
仏教東漸とシルクロード 3 -シルクロード(殊に東トルキスタン)の考証について-
宗教と人権を語る
スパール
胃癌と血清カルシウム
ハックスレー「久遠の真理」の宗教的特徴について
諸科学の統合とその危惧について
中国古代における文書主義の成立

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る