生物学の発展と生命観の変遷について
大乗仏教的「生命体験」に基づく思惟と行為-京都学派の哲学を例に-
最近のインドネシアの経済事情
文化の発展と科学の特質
中国の農村経済と社会
朝鮮民族文化の再評価
先祖祭祀と日本の世俗化
セイロン
王廷徳の「使高昌記」について
「中論」における世俗と勝義-ナーガールジュナの修道論の特質-
サッタ太子捨身飼虎図の美学的検討
複合社会アフリカの論理-カメルーン・バムン王権社会における複合社会の形成メカニズム-
二つの中国と日中貿易
中国
原子力開発の現状と将来
アメリカにおける日本近代化研究の動向と問題点-近代化と政治文化を中心として-
弥生時代の山口県
グローバル化・国際化と宗教
科学文明と宗教
宇宙時代における技術者の課題
弁証法的生命観と機械論的生命観-ふたたびR・ハーヴェマン教授の問題提起によせて-
現代アメリカと宗教
世俗化一般か単に西洋の世俗化か、それとも新しい創造への過程か
性的理想郷の基盤と機能
アフリカの伝統的遺産-その弾力的価値観と変化する慣習-
日本農業の展望
仏教東漸とシルクロード 2 -両経による地域の配列-
絶待妙と相待妙
近代化とナショナリズム(対談)
A TIME TO CHANT:THE SOKA GAKKAI BUDDHISTS IN BRITAIN
国民経済と財政政策-昭和39年度予算案の検討を中心として-
マーシャルの利子理論の研究-その全経済理論との関係において-
都市化と宗教-世俗化論再考
ケニアの児童文学-植民地時代以前
仏教哲学の「空」を考察する
微生物の生存条件に対する一考察-アメーバの生理学的研究-
歴史のふるさと西都原古墳群
東南アジアの教育政策とその問題点
生命についての科学思想-その分子生物学的展開-
日蓮思想における久遠仏について
絶待妙と相待妙
仏典の成立とギリシャ文化
宗教的真理の問題をめぐって
西アフリカの昔話-異類婚姻譚を切り口として-
演繹法と帰納法-ミルの論理学を中心として、西洋哲学の論理を解剖する-
東南アジア・ナショナリズムの特質とその複合的諸条件
ユダヤ教の律法とカント道徳律-初期ヘーゲルにおけるカント倫理学批判の成立-
経典とその文学性-法句経と法華経-
技術と国家、そして宗教
アフリカの詩を語る-詩を武器としてアパルトヘイトと戦う-
日本国憲法と平和思想について
中国における体制変革の論理 中-1 清末公羊学派における仏教の影響 1-春秋三世の説と康有為の大同思想-
「王道」論をめぐる日本と中国
阿修羅考-インドとイランの対比-
現代アフリカの危機
墓地使用権についての法的一考察
植物防疫の発達と現状について
沖縄と島々の民俗行事
日英同盟-特に第2回及び第3回日英同盟の成立過程について-
不連続の世界と生命現象
現代インド社会と宗教
仏教が排除したもう一つの「輪廻説」-父と息子の一致をめぐって-
既成仏教々団の構造と民衆仏教
経済の力は自由にあり 1,2 -ソ連経済のあり方-
二大叙事詩の歴史性と空想性
識の変化(バリナーマ)
現代西欧における宗教思想の動向
ユング心理学よりみた到彼岸-創造的生命の顕露-
宗教組織類型論の試み
秦と西域の関係について
仏教哲学の現代的意義
三性説ノート 1,2
和辻倫理学と梅本主体性論
鳩摩羅什を語る 1 -その父と母-
世俗化論再考の諸問題
宗教と経済秩序-SISR第21回大会より[序論]
今日の人権保障の問題点と今後の課題
インド民族の成立と現状
経済発展理論におけるシュムペターの「革新」について
宇宙生物学の現状と課題
唯識学派の実在論批判
近代アラブ文学におけるミハイール・ヌアイマ
バルトとハイデガーにおける場所の論理-東洋と西洋の相互理解によせて-
日本の企業と宗教
「世界人権宣言」の意義
歴史法学派サヴィニーの法思想について
創価教育学説成立の過程 上下
「大唐西域求法高僧伝」小考
本門と迹門-発迹顕本を中心に-
カーゴ・カルトと宗教学
「源氏物語」における出家
古代インドにおける科学と宗教
ビルマの民族文化
水銀中毒の防止対策について
本門と迹門-発迹顕本を中心に-
涅槃-その現代思想にとっての意義
現代日本の経済と宗教-経営と勤労に関する宗教=倫理的教説の役割-
アイヌ民族の民間信仰の実態
タイの民族文化
科学技術行政の諸問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る