大衆文学の特質-庶民伝達との関連において-
ウィルスと生命
世俗化論を越えて
現代医療と伝統的死生観-人格概念の吟味-
国文学の底流としての仏教思想
近代中国の農村社会
宗教の経済化-経済学的アプローチの可能性と限界-
桃山絵画と現代
原子時代と人間
日本の近代化と中国の近代化
心身医学の現状と将来
無我と主体性
縁起と性起-訳経から教学形成への一視点-
艸衣詩藁 2巻
世俗化と宗教社会学の存亡-CISRの歴史と問題関心-
宗教による自立の可能性-新宗教と宗教批判をめぐって-
ベトナム
ドラッカーの企業観と人間資源について
現代における実存哲学の意義
オットー・シュトラウス-人と思想-
世俗性と宗教-方法論的提言
大脳生理学から見た「生死」
創価学会-改宗と統合の過程
カンボジヤ
福祉経営論序説
日蓮大聖人の仏法の特質-従果向因のダイナミズム-
伝統的哲学の思考法-その可能性と限界-
最小限の宗教性に共通する言語
アメリカ憲法における信教の自由と政教分離の調整
インド
実存主義の諸問題
日蓮大聖人の仏法の特質-従果向因のダイナミズム-
六朝訳経の語法と語彙
世俗化よりグローバル化へ
国際化時代における宗教の機能
続燈存藁目録 1巻
福祉経済の基礎理論
国際金融政策の現状と将来
地球社会への移行-2001年から始まる一千年にふさわしい法を求めて-
モンゴル
建築の未来-人間の建築への抵抗-
自由主義の展開と課題
船乗りシンドバットの時代
漢訳仏典の文体論と翻訳論
「聖なるもの」は社会学的カテゴリーか
イスラム教における「聖」と「俗」(対談)
生死観-西と東-ヨーロッパと日本における土葬と火葬-
大学再生への試論
チベット大蔵経
大乗の仏説・非仏説について
細胞の構造と生命の機能 1,2,3,4,5-主として細胞内膜系について-
大学の歴史(日本編)
日本の民俗儀礼における「死」
チベット高原の旅 上下 -シベリア・中央アジアの視点から-
中国文学の特質と思想的背景
近代文学における自我の解放について
大学の歴史(西洋編)-大学の時治を中心として-
天台智??の証悟の背景について
鳩摩羅什を語る 2 -修学の時代-
わが国の外交体制と国際政治-世界の進運とわが経済外交-
唐代密教思想史の上から見た般若訳「摂真実経」について
世界の中のアラブ-その歴史的役割-
母系性信仰と父系性信仰について
中国の仏教受容の素描
インド文学と宗教
世界各国の大学制度
仏陀時代と現代
CISRと日本の宗教社会学
カロシュティの十二支動物文書
大学における研究と教育
ヘレニズム時代の精神風土
学問僧と諸宗の学
仏教思想と人権論の接点-人間の尊厳の解釈をめぐって-
経済秩序における宗教倫理
最近におけるイタリアの経済事情と今後の問題点 1,2,-停滞からの脱出に苦悩するイタリア経済の現状-
イタリアにおける経済の発展と資本市場の役割
近代日本における洋画摂取の受容形態の一考察
「スッタニパータ」第1、第2章の梗概
ヘーゲルの哲学的命題論
現代イスラームの諸動向
中国の国際学会の熱気
キリスト教と人権-真の政治的ヒューマニズムをめざして-
マックス・ウエーバーと比較宗教社会学 2 -HINDUISMUS UND BUDDHISMUSについて
「法華経」のグローバルな意義
ジョン・P・ハンフリーと「世界人権宣言」の淵源
中国思想の根を衝く
文明の性格と建築との関係性
歴史上より見た東南アジア華僑
金融制度の改革について
“大いなる光輝の都”の文学
現代ヒューマニズムの問題点
細胞遺伝学に関する基礎的考察-とくに倍数性問題を中心として-
東洋哲学研究の方向-本誌50号記念に当たって-
禅宗の起源ーその思想的考察-
天台仏法の医学観
シルクロードとソグド人
現代文明と「法華経」の思想的意義
青海史論-古代アジアの国際交流にのせて-
刑法理論と犯罪の実態-主観主義と客観主義を中心として-
日本近代における工芸の性格と動向-工芸論を中心として-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る