現代キリスト教の行方−脱制度化への推移−
イスラムの宗教構造-綜合力の再評価-
ベルクソンと仏教
仏教的人間学の一考察-人間尊厳論を中心にして-
大乗経典の成立
戦後社会と宗教の役割
イスラムの現代的意義
現代アラブ文化の問題-アラビア語とイスラム教-
環境衛生の現状と問題点
張騫の西使と東西交通
茶神伝 1巻
マドスーダナ・サラスヴァティーの著わした正統バラモン体系概観
中国と朝鮮の道徳哲学から見た日本の家族イデオロギー
現代社会の危機と宗教
「法華経」の現代的意義
現下日本労働問題特質の一断面 1〜3−臨時工問題の本質とその歴史的変位-
インド・インドネシアにおける伝統的文化の基盤-風土性との関連における1考察
ハイデガーの思惟の地平と東洋的思惟の地平 上 -その地平の新たなる展開への1つの方向-
伝統思想と現代政治の一局面
大乗仏典の形成をめぐって-特に異教からの影響をテーマとして-
社会変動と伝統仏教
異文化の出会いと宗教的習合
モラールと人間関係に関する一考察-産業社会における-
牧口常三郎と創価教育学説
気枯れ社会の実感宗教
「法華経」写本研究の現代的意義
タイ国
人類学における自然と文化の統合-第7回国際人類・民族学会議に出席して-
イスラムの近代思想家とジャーナリズム-特にアラブ世界の場合-
ルソーにおける純粋自然状態-「不平等論」研究 2-
宗教における「排他」と「包括」-諸宗教はどのようにして出会いうるか-
「真誥」と「上玄高真延寿赤書」
法華経の成立-梵文写本の諸様相-
日本宗教の社会活動
ニ十一世紀と「法華経」の精神
無からの解放
??善王国の遊牧生活 上下
定恵の渡唐について-飛鳥・白鳳期仏教の性格に関する一試論-
ガンジー遺産と21世紀の挑戦
「旅順博物館所蔵梵文法華経断簡」発刊の経緯について
インドネシアの国家形態と現状
低開発国援助と労働問題
ガンダーラと仏像の成立
初期浄土経典の成立
イスラーム・スペインにおける言語事情-“SUBSTRATUM”理論からの一考察-
古代中国における法と道徳
宗教と政治と国家−その比較文化社会学的考察−
歴史上に見る法華経の尊貴性
アフリカ的世界観について-神話を手がかりとして-
東と西の天文学-その発達と特質
日本における古代国家と仏教
農学史からの「科学」見直し
高まるサイコオンコロジーの重要性
涅槃への道−現代ドイツにおける仏教の伝統と活動−
インドネシア
福祉国家の将来-<五つのS>の観点から-
東南アジアの社会構造とその性格
正倉院とイラン文化
「スッタニパータ」第三章の梗概
説話文学と仏教
般若経の成立史覚書
社会契約説と宗教
産業国有化の問題点
中国仏教圏の形成-その歴史と現状-
ドイツにおける政治と宗教−19世紀から20世紀−
フィリピン
民主主義思想と福祉国家
国際協力とユネスコ 1,2,その科学活動に関して 3-その教育活動に関して-
ガマル・アブデル・ナセルの思想ーそのアラブ社会主義についての随想-
アラビア医学と中国医学-文化交流史から見て
隋唐仏教時代区分試論-度僧制と貢挙制-
華厳経典の成立
宗教観の問い直し
シュライエルマッハーにおける国家と宗教−ディルタイ研究の視点から−
東南アジア一次産品の現状と将来
大化前後における中国律令の継受
護国経典と言われるもの-「仁王経」をめぐって-
密教経典の成立
大乗仏教の精神と現代社会
生老病死と仏教
イタリア経済における二重構造の成立と発展
中国における体制変革の論理 中-2 清末公羊学派における仏教の影響 2-天人相関税の構造変革と仁概念の価値転換-
ロプ・ノール考
仏教における中道思想の現代的意味
敦煌の仏教美術を支えたもの
鳩摩羅什を語る 3 -長安への道-
高齢化の時代と福祉
オペレーションズ・リサーチとその方法 1,2
石油ナショナリズムと経済主権の確立-現代アラブの政治思想の一表現として-
中国の錬丹術と西洋の錬金術
奈良時代における民間仏教思想 1,2 -「日本霊異記」の世界-
気候と歴史 4 -三世紀を中心として-
老いをめぐる生命倫理−死の迎え方
文学研究の方法についての試論
クウェートにおける水資源の利用について
南伝大蔵経の女性名索引 2〜9
日本における仏教の制度化-過程・問題・意味するもの-
健康長寿法−長寿をもとめ健やかに老いる
小さな発見
「平等」理念の再検討

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る