ネルーダ詩集
ヒクメット詩集
ロルカ詩集
ツァン・コーチャー詩集
フォン・チー詩集
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
レオーノフとドストエフスキー
スペイン的、ラテン・アメリカ的…
小説の仕掛けと文化の仕掛け—バルガス・ジョサについての巨視的な↓
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
小説技術は新しくなければならない
シェイクスピア
プルースト
ランボー
ディッケンズ
セルバンテス
モリエール
スタンダール
ジッド
橡の落葉
隠喩の意味論
「迫奏(ストレッタ)」を読む-パウル・ツェランの詩篇についてのエッセー
文化史の理論のための覚書
白けた神話
戯作のなかのさわやかな‘きまじめさ’
I・マードックの面白さ
青年とともに
一九七四年三月のギュンター・グラス
彼のことばの波は…
亡命者の文学
抽象画家とザミャーチン
地平線について
プラトニックな蝶 —ナボコフについて—
東西島物語考
ヨーンゾン雑感
生唾のような笑い
東欧文化の魅力
『風』と共に去りぬ
見る正気と聞く狂気
ヘルマン・ブロッホの想い出
スパークの世界
ブランショ —何ものも明かさぬ言語—
根源の憂愁
壮麗な作家の「歴史」
手品師の呟き
篠田氏とボルヘスのこと
哀れな海賊
日常の「変身」
ソルジェニーツィンのユーモア
世界の文学 編者・訳者紹介
世界の文学 編者・訳者紹介
現代詩集(抄)
現代詩集(抄)
現代詩集(抄)
現代詩集(抄)
現代詩集(抄)
批評の現況は?
ウィルスン架空会見記
ウィルスン夢想対話録
文学ありのまま
たぐい稀れな読者 —ヴァルター・ベンヤミン—
映画の美学覚書
声の地肌(きめ)
海辺の迷宮
哀歌体詩人の気質
『神曲』の作中人物 —詩人としてのダンテ—
「オセロー」における「誠実な」HONESTという単語
繊細派
ヘンリー・ジェイムズとぶよぶよぶくぶくのモンスター—小説に↓
ハインリッヒ・ハイネ または失せたフランス
リヒャルト・ヴァグナー または清らかな夜のたそがれ模様
イサーク・バーベリ
詩人パステルナークの散文についての覚書
現代文学における現実概念の還元
ガルシア・マルケス-アラカタカからマコンドへ-
秋、沼、荒れ野、そして分離派
ひと夏の読書
勘定書
最後のモヒカン族
魔法の樽
その日をつかめ
ビール・ストリートに口あらば
素晴らしいアメリカ野球
さようなら、コロンバス
世界の文学34 解説
酔いどれ草の仲買人 1
酔いどれ草の仲買人 2
世界の文学35、36 解説

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る