スタンダール「赤と黒」
モーパッサン「脂肪の塊」
ゲーテ「若きエルテルの悩み」
チェーホフ「桜の園」
捨て児
池辺三山の印象
言語発生期
都会観
マルクスの末娘
或る一点
空間の征服
象徴の葡萄
地中海で仰ぐ日章旗
霜月
二人の歌人の思ひ出
文芸の郷土性伸展性
文芸的反省期
文化の一朱線
研究史料としての文芸批評
現代と詩歌
佛蘭西人の求むる日本の芸術
文芸に志す人々に
大自然と文芸
文芸汎論
書簡
Synbolism文芸の歴史性と現代性
文芸批評の発達
文芸観の発達変遷
Romantismeの文学論
文芸の起原
古典主義について
浪漫主義について
現実主義について
自然主義文芸について
文芸の内容の変遷
早大文学部佛蘭西文学科教員会に際して
日本文学の鑑賞のために−藤村と漱石を中心に
「ルゴン・マカアル」叢書
モーパッサンの晩年
アナトオル・フランス
ピエエル・ロティ
ピエエル・ミル
ロェマン・ロオランの生ひ立ち
ランソン教授の死
フランスのモラリスト
ツルゲーネフとフランスの文人達
ツルゲーネフの散文詩
アレクサンドル・キイランド
自然美論
散文詩
美女群像
南欧の空
海洋と文芸
アルプス連峰の輝き
高原の秋
蔓草
五月の風景
山岳遠望
武蔵野
冬の都会
うぶすなの森
海陸の争い

雲の変幻
初夏の巴里
山國の女性
狼来る!
夏・都会・病
役者の背中・役者の見物
レヴィウの起原
金髪のエックベルト
嵐が丘
不思議な依頼人
魔鏡物語
大学
ジル・ブラース・ド・サンチラーヌ物語
ジル・ブラース・ド・サンチラーヌ物語 2
ローマだより
離婚の後
七つの柱
愛の物語
佛蘭西古典劇研究
佛蘭西文学史
佛蘭西印象記
佛蘭西文芸印象記
近代思潮と文芸
現代日本と芸術
農民文芸
フランス古典主義文芸概論
ジャン・ラフィス
モリエエル
モリエエルと病気
タルチュフとメフィスト
ヴォルテルと日本
初期ロマンティックに見るウェルテル型の作品
バイロンとフランスの詩人達
シェイクスピアとヴィクトル・ユゴウ
ヴィクトル・ユゴオを憶ふ
環境描写の作家ヴィクトル・ユゴオ
エミール・ゾラ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る