現代アフリカにおけるアフリカ的教育哲学の復活と再編成
「菩薩地」「住品」和訳 1,
「子どもの人権」を保障した保育の実現に関する一考察−「子どもの権利条約」を指標として−
小学校中学年における「合唱へのステップ学習」
効果的な情報提供をするための検索者への支援−ビジネス実務の視点から−
絵本を手渡す運動−佐賀県鳥栖市に於けるブックスタート事業についての一考察−
保育者育成におけるリトミック指導の課題−「音楽表現」受講生の感想から−
学生が選んだ絵本と、絵本にまつわる諸課題
イギリスの学校視察におけるリーダーシップとマネジメントの基準に関する考察 1,2
翻訳絵本雑感
就業時に求められる若年者のビジネス・コミュニケーション−対人コミュニケーションを中心に−
幼児期における運動能力の実態−幼児体育への取り組み−
村上専精にとっての〈教育〉
WEB検索ゆよる情報提供内容に対する学生の評価について
自ら進んで歌い、演奏する学生を育てる方策
樺太紀行
生と死の不条理−「グリーン・マイル」を中心に−
イギリスの乳幼児教育におけるOFSTEDの視察の影響
親鸞聖人の書簡より(御消息三十三通)−慈信房のこと−
ことば以前の思いと意図についての考察
現代アメリカにおける進歩主義の成人教育哲学
差異のドラマトゥルギー−「障害者」に対する差別発言問題を考える−
仏教とキリスト教の対話の試み−パウロと親鸞の比較を通して−
混声四部合唱 私は何も願はない(堀口大学詩)の作曲
イギリスのFAILING SCHOOLの特徴に関する一考察−ある失敗学校の歴史と学校視察制度からの検討−
大乗経典と「般若心経」 3,4
保育者に求められる質に関する研究−保育における「教育的タクト」を視点として−
UGANDA教育の現状と問題点
混成四部合唱曲 わたしを束ねないで(新川和江 詩)の作曲過程
孔子の「夢」と周公−「論語」述而篇「甚矣吾衰」章の新解釈−
アフリカ教育の諸問題−特に女子教育と教員養成を中心として−
虞美人草
保育に活かすリトミック−幼児教育現場での実践事例を通して−
大学教育におけるEラーニングの展開
保育の成立を支える保育者のあり方に関する研究−「カン」の構造に着目して−
金子みすヾの色と心
真野時綱「藤嶋私記」について
イギリスにおける親と学校との連携に対する学校視察の影響−教師の意識調査から−
現代アメリカにおけるHUMANISMの成人教育哲学
「シュローカヴァールティカ」シューニヤヴァーダ章の研究−和訳と解説− 7
「唯識二十論」ノート 3
高校生と幼稚園児とのふれ合い活動の研究−高校生と幼稚園児のシブリングごっこを通して−
地域づくりツールとしての地域通貨
イギリスにおけるデイケアとチャイルドマインダーの養成−LEAの取り組みに視点を当てて−
自閉症障害における反復的行動に関する研究動向−心理学的視点からの検討と今後の課題−
現代アメリカにおける”教養としての(LIBERAL)”成人教育哲学
『瑜伽師地論』「有尋有伺等三地」の縁起説 1−テキストと和訳−
今まで歩いてきた道
鹿島鍋島家旧蔵『宗因連歌巻』の紹介
現代アメリカにおける進歩主義の成人教育哲学
自閉症障害における反復的行動に関する回顧的研究−加齢に伴う変化と関連要因について−
インターンシップとキャリア形成支援
天草版「平家物語」の原拠本の研究−研究史と本文の検証−
天草版平家物語と捷解新語−謙譲語を中心に−
天草版平家物語と平家正節のTの入声
「義経芝居巡」(仮題)をめぐって
〈遠き〉へ向かう〈こころ〉−室生犀星「小景異情」 その二−
漢字で日本語の物語をつづけるための技術−太安萬侶たちの工夫−
早大蔵『「撫子の」百韻』訳注 3,
木下利玄における農耕の歌−「紅玉」から「一路」へ−
鎌倉権五郎景正武功話の展開−流布本「保元物語」定置への模索と係わって−
「可笑記」と「甲陽軍艦」 2−書名「可笑記」の出処−
「是楽物語」について−「竹斎」との関連に触れながら−
隅田川三股考−芭蕉の頃から現代まで−
俳諧と遊び−蕪村覚えがき−
「雨月物語」から「春雨物語」への発展−教訓による行動から自発による行動へ−
十返舎一九洒落本における教訓性−振鷺亭・式亭三馬との対照を通して−
八百屋於七伝「松梅竹取談」をめぐって
月尋堂「鎌倉比事」翻刻 巻1〜3
月尋堂「鎌倉比事」翻刻 巻1〜3
信仰と道
新刊紹介 鹿島則孝編著「桜斎随筆」(影印複製)
『御文章』における「たのむ」の仰信性について
親鸞聖人の書簡より(末灯抄第九通)−法義・示談をめぐって−
「地獄一定」の福祉−仏教社会福祉の視座から−
日曜日
「きもい」考
「さかな」浄瑠璃と宇治加賀掾
「くださる」の成立・粗描
記紀の国初の神譜と別天神
なげきわび−浮舟と六条御息所
「さかな」浄瑠璃と井上播磨掾
省斎石川介編纂の漢詩集
竹内隆信編「纂評 新体詩選」とキリスト教−外山正一「耶蘇辨惑一節」をめぐって−
大西巨人氏から見た石川淳文学−大西巨人氏インタヴュー
「いざ生きめやも」と「あれ恋ひめやも」
花山院一族の「新葉和歌集」入集歌 1,2 花山院師賢
額田王と天智天皇との万葉集
「さかな」浄瑠璃−遊びの響き−
元三大師御籤本における「道具」という判断項目−そこから見えてくる、おみくじ武家由来の可能性
日本古典における作りごとの伝統
蛍の巻の物語論「菩提と煩悩とのへたたりなむ…かはりける」についての一私解
心敬における「夕べの鐘」
表現類型と発話機能
ボスとユング
(ふりむかぬ)者と(ふりかえる)者−「海ゆかば」、防人歌から「橋上の人」へ−
大阪天満宮文庫蔵長松本「寛正六年正月十六日何人百韻」訳註 2,
服部四郎の言語主体概念−発話の意味、第一人称、不定人称者と「陳述」
「うひうひし」と「よだけし」の語義について
本能寺蔵「落葉百韻」訳註 6−付、考察及び式目表

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る