現代に生きる寺院のあり方
秋三篇
日蓮−その職業人への教え
石に彫られた釈尊の教え
釈尊にかえれ
精進の故地(東国古寺巡礼 7)
法然とその後の人たち
華厳法界玄鏡 2巻
好相・施福・精進(山僧歌文 29)
農業と真宗−蓮如の教え
現代教学の基底−教学的営為による宗教的自律性の回復
キリシタンにおける択一の立場
仏陀の入滅(現代語仏教聖典 16)
ヒューマニズムの再認識を説く赤岩栄氏−近著「キリスト教脱出記」をめぐって
譬喩と教訓(現代語仏教聖典 10)
非人間化の思想としての靖国神社国家護持法案
教えの立場から(現代語仏教聖典 12)
仏教復興の歴史的意義について
天理教と職業への教え
職場と宗教
アンペラ−苦悩するインドネシア民衆の声
月の砂漠
貧困なる精神の回復
現代に生きる大乗経典の精神-「無量寿経」と「実存主義」の考察
他力ということ
非常時(清善院好日法尼 10)
”教団の危機”から”危機の教団”へ
明治の政治青年(日本文学に表われた人間像 4)
清善院好日法尼 1〜17
インド見たまま−仏跡を巡拝して
観光禅寺に物申す
宗門大学めぐり
信仰に基づく教団を
宗教、文学、演劇
「苦悩」への挑戦
白鳳仏と蕎麦(東国古寺巡礼 8)
理趣法 金胎2冊
宗教と現代-内なるデーモンとの対話
「不殺生戒」あれこれ
中間大学論
恒久平和への道
日本人の宗教意識
高村光太郎の世界 1〜8
人口移動とこれからの宗教
日頃思うこと
弘法大師の詩と宗教
「あそか」編集の方向
死の谷(デス・バレー)
人間の心 シンポジウム「生命科学と仏教」から
秋祭(清善院好日法尼 11)
「あるべきよう」から歎きまで(山僧歌文 24)
古代における宗教の社会的奉仕活動
神秘主義の復活と現代社会
インドを撮影して
平安仏教と奉仕活動−とくに空海を中心として
高校生の日蓮観 日蓮について-倫理のレポートから
平城京の文化史的意義
天理教とひのきしん
東洋思想における神秘主義
平城京の造営について−研究史の展望
天平芸能と大安寺
平城宮趾をめぐって
宗教と社会奉仕
天平の瓦(東国古寺巡礼 9)
神秘学の復権
現代社会の断面(宗教的グリンプス)
教化の種々相(現代語仏教聖典 11)
西部の人達
日本における神秘主義の系譜-密教
神罰(清善院好日法尼 12)
近代天皇制と信教の自由
楽しきかな新興宗教 立正佼成会 上下
戦後社会のひずみと創価学会-その進出を支えるもの
近代仏教と政治の位相-新仏教運動の提起したもの
腹の足しになる運動
インドで考えたこと
異端の中の正当派-ある老創価学会員の生活と意見
母なるガンジスと長き旅路を-カンヂーもネルーも、またカマラさんも
唐草・アラベスク(シルクロード幻想 9)
公明党の人間性社会主義
末法の現在
その将来の路線
西国ご詠歌の心読 1,3〜13
しばしば二つの道が見える-ヘンリー・ミラー
創価学会を考える
ブッダガヤまで
親鸞と私
霊鷲山の麓
創価学会と革新陣営の立場-学会の政治的進出について
十月の詩
アメリカにおける政治と宗教との分離-教育問題に関連して
「愚俗なる私」を支えるもの
「宗教的情操教育振興」是々非々の論
新しいインド観
支えるものから関わるものへ
共産党の党勢の消長とその時代的背景
幾何学
宗教教育のあり方について
都議選にみる日本共産党の日常活動-選挙マシーンと政党
現代の精神的危機と仏教-ニヒリズムの亀裂を克服するもの

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る