「アビダルマのともしび」第1章界品翻訳研究 1,
性悪思想における罪と懺悔
マハーラーシュトラの仏教部派 5-KUDA-MAHAD仏教碑銘-
日蓮聖人の戒思想について
日蓮聖人の本尊観
開目抄述作由来考−「門下の疑念」を中心として
日蓮教学における「教」の位置と構造 1,2
日蓮遺文の日興筆写本の性格について
日蓮聖人における「三仏」帰命
宗祖と五大院安然
青海省チベット仏教寺院の現状について 2-黄南・果洛チベット族各自治州を中心にして-
守護国家論の一考察
円光日陣に於ける本迹論の一考察−本門宗体一如と本門教即観の師座から−
日蓮聖人画像について
SUTTANIPATA における KAYA について
阿闍世物語の受容をめぐる問題−親鸞と日蓮の対比−
波木井殿御報「常陸の湯」について
MY GURUJEE,RISSHO-ANKOKURON AND WORLD PEACE
青海省チベット仏教寺院の現状について 3−玉樹チベット族自治州を中心にして−
日蓮宗の和讃について
中世日蓮宗伝道の一形態−下総国千田庄を中心として
NICHIREN SECT MISSION IN EARLY 20TH CENTURY HAWAII:FINDINGS FROM ITS EARLY DOCUMENTS IN THE 1910S
THE RELATIONSHIP BETWEEN THE DOCTRINE OF ESOTERIC BUDDHISM AND THAT OF BUDDHISM BASED ON THE LOTUS SUTRA:JIKAKU ENNIN
遺文の写本について
破邪顕正記とその破書
須摩提菩薩経について
種論と仏子
カウティルヤ『実利論』とアショーカ法勅の関係
プトガラ輪廻論と有部論業との一考察
趙宋天台における両重能所観の形成
法華読誦の音と版経の音と点について
第九地について−DHARMA-BHANAKA の理想形態
身延宣言と実践の論理
宗祖対法然房
「開目抄」「撰時抄」「報恩抄」の分巻をめぐって-日蓮遺文の書誌に関する試論の一つ-
アショーカ王碑文雑考
北斉大沙門安道壹の刻経事跡
天台大師智??における「一大事因縁」受容の一考察
神仏習合
「日蓮聖人註画讃」の絵師窪田統泰について
嘉祥大師の中道仏性
楞伽経の如来蔵思想について−特に刹那品を中心にして
THE TREATISE ON THE FOUR STAGES OF FAITH AND FIVE STAGES OF PRACTICE
瑜伽論の成立に関する私見
日蓮聖人引用経論の研究 1-聖人教学形成の背景-
法華経の開会思想の形成とその背景
法華経は和平を希求する
霊鷲院日審の法華経談義
日蓮法華仏教における独自性と融和
手を握り合いつつ競合し、競合しつつ手を握り合う−「開会」を手がかりに−
日蓮聖人における「寿量品の仏」について
華厳教学における六相説の伝播と融和−縁起の思想の展開の意義−
仏教とイスラムにおける他者認識−慈悲の宗教と寛容の宗教の構造的差異についての考察−
アビダルマ仏教における無表業論の展開(一)
中観と唯識を融合する「大中観」とは何か−仏教思想史における相克と融和の一断面−
宗教と芸術−人間の創造的営為としての−
日蓮教学における「時」の問題
勝鬘経義疏の「本義」について
文化としての「宗教」の可能性−文化財修復者の視点から−
天台智??・妙楽湛然両師における本仏観の一側面
仏教文化の変遷と民族そして平和
吉蔵の仏身観−法華遊意を中心として
覚超選とされる観心義文献「私用心」について
日本仏教文化史研究序説
六字経法とキツネ
原慎定著「日蓮教学における罪の研究」
「観心本尊抄」受持譲与段について-その論理過程についての一考察-
『開目抄』写本の書誌的考察
日蓮教団史研究の課題
宗学研讃上の課題
観心本尊鈔要義
杜順は華厳宗の初祖にあらず
推古朝における仏教と仏教統制、および両者の関係について
法華曼荼羅と多宝塔
日蓮聖人の一念三千について-「歓心本尊抄」をめぐって
摩?譌?の年代に就いて
阿毘達磨に於ける業論の一考察
本妙日臨律師の研究
自然に就いて
日蓮聖人の教観二門に関する一試論
御義口伝に於ける台密と法華神道
「摂大乗論世親訳」における真諦訳と笈多訳の関連について
三性説小論
憲法十七条と聖徳太子
「観心本尊鈔」四十五字法体段正義
新成顕本論をめぐる問題−寿量顕本解釈の一断面
関東派不受不施論者の宗学
『瑜伽師地論』の心所法−特に不定心所に就いて
ムンダカ・ウパニシャッド-翻訳および解説-
東南アジア諸国と仏教学に対する中国の研究-その回顧と展望
日蓮聖人の上行自覚について
日蓮聖人家譜の研究
法華経の ADHIMUKTI
豊饒の女神とクシャン朝の社会
阿育王の教法
観心本尊得意抄の真偽論
正法華経鑽仰史
<二人の日蓮>改稿-金沢文庫蔵「理性院血脈」を日蓮伝の史料から除くべき歟のこと-
法華経成立における常不軽菩薩品の一ツの意義
常不軽菩薩品摂折論再考

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る