集邦分類と宋詩記事
仮令の誓い
宗祖の「観経」理解について
大乗阿毘達磨集論並びにABHIDHARMASAMUCCAYA-BHASYAの和訳(2)
「因縁集」の出典
地方誌に記載される庵の記録よりみた明清仏教−淅江地方を中心に
殺人と自殺のあいだ−犯罪の深層−
支那仏教寺院の金融事業−無盡に就いて
社会学に於ける自殺の理論−ディルケム理論の検討
広宣上人孝(上)−唐代詩僧伝
作曲家安部幸明の世界
三宝絵詞中巻の説話について
曇鸞大師の教学管見
ルソー小観
平家物語に現われた清盛像の二面
阿頼耶識思想の成立とその展開−末那識の成立をめぐって
柳田国男における女性と「学問」
他者の欲望−ジャック・ラカンの欲望の理論
17音平均律を用いた音楽について
選択本願について
東本願寺の奏者について−東西分派及び「申物帳」研究への一つの覚書
許しと理解について
草稿「自分らしさ」の研究−江藤淳の死−
「満州文学」の一側面−梁山丁の「緑の谷」を通じて
フーゴー・フォン・ホーフマンスタールの喜劇「袖の下のきかぬ男」における保守的革命の人物像について
明治初年に於ける東西本願寺の立場と護法のための動き
みちのく鎮魂
敦煌本「阿毘曇経」巻廿六の跋について−則天武后時代偽濫仏教に関する一資料の紹介-
刑罰と福祉−犯罪者処遇における更生保護思想の展開
武井武雄と版画
六〜七世紀における荊州仏教の動向
大学英語教育における四技能−授業活動と教育体制
李華の釈教碑について
説教師の創意工夫を探る
シェリング自我論提要
一遍上人と融通念仏
蓮如のおしえ−室町の生と死−
バスク語が示唆する動詞機能について−「焦点」と「左方転位」
場の理論による心理療法モデルの射程
西行法師の伝記に就いて
無着造・解深密教疏に就いて-特にその第一品- 1〜3
宋代功徳使制度管見
性格教育の問題(一)−ブーバーの教育論に即して
親鸞の往生理解
蓮如の町づくり
言語と反省−クロソウスキー「ディアナの水浴」より
「皎然集」と賛寧
ゲーテと孤独−詩「竪琴弾き」を巡って−
白居易選択教碑箋注(二)
フェロー諸島における農用地の構造−「ヒツジの手紙」を中心に−
病と死をめぐる儀礼−北タイ平地農村の場合
作法抄
偽りの悔悟
「金鰲新話」版本考
新羅元暁の伝記について
浄土真宗とプロテスタント神学の出会い−第三回ルードルフ・オットー・シムポジオン、その背景と展望−
QUAENAM SINT GRAMMATICI DE SUIS REBUS SENTENTIAE
「唯信」の仏道
清沢満之における「自力」の表現について
樹心仏地−値遇と自覚−
教育と宗教−シュプランガーの教育論の根底にあるもの
信心の現証
「月に吠える」の二三の作品−「独絃哀歌」との脈絡について
華厳教学における「理」の概念
曽我量深における法蔵菩薩の探求
元明の「没」(メイ)と「没有」(メイユウ)についての一考察
鳩摩羅什の「法華経」観
文化の政治性−天皇と中世文化をめぐって−
十住思想と「首楞厳三昧経」
遼代の邑会に就いて
王の阿闍梨耶としての龍樹
日本の教育哲学−木村素衛の場合−
信仰と自律−清沢満之における「修養」の位置
古代アンデス文明・シカンの発掘−支配者と信仰をさぐる−
四天王寺創立史の諸問題 本文,補遺
患う女性たちの回復とエンパワーメント−共感を育む居場所に根づいて−
大谷大学蔵「衆経要集金蔵論」考−巻第二の問題を中心に−
信心と行業
ハンスリック研究序論
十二世紀、一切経奥書にみる親族関係
三重県上野市近傍の木津川断層に沿う重力異常の分布
「詮なき」論争−親鸞の一念多念観−
バクテリオファージT3のDNAパッケージング
ドイツに於ける英文学研究
近代精神と宗教理解-シュライエルマッハーの宗教理解を廻って
日本音楽における「由・声・程」の概念−「声明用心集」を中心に−
「偽満州国」首都新京の日本仏教による満州仏教組織化の模索−1935年(康徳2年)の様相−
サルトルとラカンにおける眼差しの理論−安部公房の小説と『正法眼蔵』の「眼晴」を参照して−
2入力正弦波記述関数法によるPFM−連続時間ハイブリッドシステムの解析
俊乗房重源の非世俗的経済活動
辯才大師元浄の伝並に浄土教
法華経方便品における実相の問題
アビダルマ仏教的判釈の諸相
カマラシーラの無自性論証と証因(hetu)
聖徳太子信仰の展開-特に法隆寺を中心として
大疏談義 巻1〜5,
キリシタン信仰における敬虔の意義−「きりしたんだあで」と信仰の深化−
忘れられた歴史と宗教−紀伊半島の辺路と王子研究− 1
形式的告示と現象学的解体−初期ハイデガーの思索にみられる二つの問題とその克服−
サルトルに於ける自我と自己性の展開

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る