「易行品」開設の意図について
仏智不思議の世界−不断煩悩得涅槃
「空」という否定
山西・平遥・汾陽・縣城調査手記
「異義者」任誓伝の思想的考察
浴仏と行像−仏教信仰の一面について
源氏物語に現れた神について
日本霊異記にあらわれた聖と勧進
アメリカにおける幼児教育思想の発達−フレーベルとハイベルトの綜合について
孔子と異相
スパルタ王クレオメネス一世とその時代
宗教と教育との史的交際
姫路城天守閣
龍樹時代におけるアーンドラの社会と仏教
シュライエルマッハーの宗教と生死の問題
明治四十年代の鴎外
釈教俳諧
ジョイスの詩“TILLY”
元朝治下江南の士大夫たち−笑隠大訴をめぐって
親鸞と危機意識−「愚禿釈親鸞」の誕生
無量寿経漢訳者論議によせて
元朝における権臣と宣政院
集合行動論の系譜とその視点−宗教の運動論的理解にむけての覚書
吉蔵の仏性義
「今昔物語集」における往生人の種々相
梵蔵所伝の資料よりする、倶舎論の注釈的研究(世間品)-特に玄弉訳の本文批判を中心として-上下
決定に於ける転成の道理
トーマス・マンの唯一の未完作「詐欺師フェーリクス・クルルの告白」−その特性とパロディ-
土俵まつり考
日常生活におけるサバイバーズ・ギルト-負い目による自己他者境界の不明瞭化-
浄影の仏身思想と善導の報応同体説
捜神記私考
シェリ・透谷を中心とする一比較文学的考察
中辺分別論の諸問題−相品・障品・真実品を中心として
唯心思想を盛った般舟三昧経の一節について
竺道生の法身説
大河内了義著「異文化理解の原点」
中世に於ける歌道と仏道との接近
ベルクソンの「静的宗教」についての一考察
T3とT7の雑種ファージを用いたT3尾部繊維の構造と機能の解説(英文)
西田良子著「宮沢賢治・その独自性と同時代性」
自然的教育の三つの必然性−ルソー教育哲学の一考察
「歎異抄」の「大切ノ証文」について
親鸞と危機意識−生死出ずべき道
<自明性>における両義性−その教育学的意味
滅諦に関するゲルク派内における異見
漢訳百字論に於ける二、三の問題
回心
三性説における唯識無我の意義(1)
「大般涅槃経」における比丘と遺骨に関する儀礼-出家仏教に関する古くからの誤解-
ルイ・ド・ラ・ヴァレ・プッサンの生涯とその業績(未完)
蓮如上人の文学
アメリカにおける日系人子弟の教育
大学生の不定愁訴の日内変動に関する研究
「三朝高僧伝」管窺−明律篇を中心として
徳川時代刊行節用集展観書目録
阿難と提婆−「観経」についての一試論
図書館における人文学的資料の役割−バトラーの論攷の意味するもの
入宋僧?「然の帰京に関する覚書
臨床保育学の基礎づけのために-<臨床の知>に焦点づけた保育学へ向けて-
意識と無
「霊異記」悪報説話の方法
七仏父母姓字経一巻
「仏鬼軍」について
ジェイムズ倫理学に於ける「真のプラグマティスト」の世界
生活行動論−組織行動を中心として
親鸞の太子観とその構造
BY WHAT MEANS DOES E.M.FORSTER ATTEMPT TO REPRESENT THE DIALOGUE IN A NOVEL IN NATURAL SPEECH ?:ON A SECTION FROM A PASSAG・・
過渡期に関する若干の社会学的考察
清沢満之先生の「わが信念」
唱導源流小考
許しにおける悪意と理解
重力異常から見た滋賀県北部の地下構造について
他力救済の真実性に就いて
真宗に於ける厭穢忻浄の心
「観念法門」について−その組織と性格
物質概念の大乗アビダルマ的分析−色蘊と変懐
世俗化と宗教回帰の一考察−戦後日本社会の宗教現象
成覚房幸西の仏教観
唯識教学に於ける末那識の特性
南伝仏教の一様相
我慢の概念分析と思想史的意味
「エトナ山上のエンペドクレス」におけるロマンティシズム
大乗阿毘達磨集論(ABHIDHARMASAMUCCAYA)の諸問題−和訳と研究
日本近代詩と「小学唱歌集」
救済の論理
平安朝に於ける往生信仰の諸相−「往生伝」を主とする考察
一向一揆の基礎構造
聖徳太子御遺跡巡礼
インド哲学における有神論をめぐる諸問題
還相回向と正定聚
イェイツの住相と還相−<終末>と<空>
巌谷小波の児童劇(子どもの演じる劇)
聖書と英語
仏典音義書目
「実相」訳語考−鳩摩羅什を中心に
クローディアスについて-「ハムレット」解釈の一助として
ハンスリックとベートーヴェン
かの子論考「生々流転」について
HANS P.STURM;WEDER SEIN NOCH NICHTSEIN-DER ULTEILSVIERKANT(CATUSKOTI) UND SEINE KOROLLARIEN IM OSTLICHEN UND WESTLICHEN DENKEN

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る