伝道日誌
信仰と知識と
何をか活動の目的と云ふ
将来に於ける本派の伝道方策を議す
声明楽譜の研究に就きて
師弟道に就て
厳護法城
豊山派教育界の現状を論じて宗会に及ぶ
花の維摩
三十年前の和敬会
宗教の権威地に落つ
心理実験(催眠術について)
釈門遺事
天空海潤
地方開拓に伴ふて寺院僧侶は何を経営すべきか
所謂護国寺問題に就て
大疏第八如意蔵 写本
空観の意義(般若心経の心要を論ず)
欧州之文明
興教大師降誕の聖地を拝して所感を述ぶ
臨時宗務長、支所長副長の任命に就て當局者に問ふ
豊山派独立の精神今何処にか在る
中僧正体応大和尚略伝
思想界の現状
対支外交と内政の急務
監獄改良に伴ふべき二要件
農村の宗教
国民教育と仏教
短冊趣味
般若心経秘密眼
明治仏教興亡論
公論会を排す
寒山落木
他を妬むものは自らをも咀ふもの他
進化的宗教としての真言宗
比丘尼看護婦論に就て
諒闇明と国民の覚悟
教学之前途如何
「十住心講話」を読む
医学上に現はれたる古仏説
杜甫と高敵を論ず
興教大師伝
密教美術小解-美学上色の説明と密教に於ける色の説明
寺院生活を排すべし
三論玄義私見
豊山派将来の財政々策を論ず
再建事業は本派盛衰の試金石なり-挙宗一致以て完成に努めよ-
不動覚禅鈔 上下 写本
修養資料
東密台密の異同に就て
日支交渉解決に付吾人教家の採る可き要議
仏徒一大飛躍の秋-各宗管長の訓諭を読みて
自己の分に安んずるとは何ぞや
史料雑挙
釈尊と文明
軍虜と成るの記並に精神的の獲物
過去五十年間の仏教界を回顧して
日蓮宗と真言宗との関係(本尊論に就て)
土耳其民族と宗教
活躍と奮闘の歴史に富める真義真言宗
密教哲学の原理
八福田の説
豊山派改革の議
教界の通弊
長谷寺再建に対する予が所感
興教大師誕生院復興に就て
秀出
青年僧侶に与ふ
初転法輪
超人者存在の証明に就て
新義真言宗史を読む(附、興教大師の人物を論ず)
吾が観たる真言宗
禅餘閑話
一日一信
梵網三重本末弁
いろは歌と五大
広く社会を看よ
欧州の大戦に就て
瑜公六百年并に派祖専誉上人の三百年遠忌を修するの議
夏日と修養(其女史に与ふ)
哩?蛻齒?
和州大蔵寺まで
華一掬香一片
末寺奉還論
檀信徒に与ふ
五種の不動
「秘密辞林」の編輯
長谷寺再建論
誰れか全人生活に於ける勝利者たる
鉱毒被害地跋渉録
萩の下露
覚鑁上人
ヒマラヤ物語
各宗本山巡礼参拝の民習を養成すべし
本宗革新策
特別保護建造物を有する寺院
真言行者の用心(同学諸君に寄す)
仏教史話雑偏
活ける興教大師
根本的改革とは何ぞや

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る