問題提起(日本国憲法)
「変革の思想」とは−道徳の実現
新知識人論
「爆弾と銀杏」序文
「眠れる美女」論
太陽の季節
序(印南清著「馬術読本」)

辞世二首
「豊饒の海」について
序(矢頭保写真集「裸祭り」)
「総長賭博」と「飛車角と吉良常」のなかの鶴田浩二

文学精神の低さ−芥川賞選評
高山辰雄の作画
「豊饒の海」について
川端文学の美−冷艶
あとがき(「文化防衛論」)
生と芸術の真相−日本文学大賞選評
男らしさの美学
ホテル
あとがき(「不道徳教育講座」)
「占領憲法下の日本」に寄せる
一貫不惑
「黒い雪」裁判
一対の作品-「サド侯爵夫人」と「わが友ヒットラー」
あとがき(「癩王のテラス」)
討論を終へて(「討論三島由紀夫vs.東大全共闘」)
無題(西尾幹二著「ヨーロッパ像の転換」推薦文)
北一輝論−「日本改造法案大綱」を中心として
「人斬り」田中新兵衛にふんして
「癩王のテラス」について
「春の雪」について
あとがき(「若きサムラヒのために」)
日本文学小史
手紙
編集後記(「批評」)
「黒蜥蜴」について
若きサムラヒのための精神講話
源田實−こんな候補こんな人柄
解説(「日本の文学 34 内田百?隘牧野信一・稲垣足穂」)
私の中の二十五年
序(セギュール伯爵夫人作松原/平岡訳「ちっちゃな淑女たち」)
詩集「わが手に消えし霰」序文
短編集「真夏の死」解説
黒光りする頑固な散文
忘我
玉三郎君のこと
甲乙つけがたく−芥川賞選評
革命哲学としての陽明学
独楽
愛するといふこと
芸術断想
瀧ヶ原分とん地は第二の我が家
「歌舞伎の幻」序文
あとがき(「尚武のこころ」)
あとがき(「行動学入門」)
春日井建歌集「行け帰ることなく/ 未成年」書評
あとがき(「源泉の感情」)
あとがき(「作家論」)
「薔薇と海賊」について
無題(四つの河・三島由紀夫展カタログ)
新輯版「薔薇刑」について(一九七一)
序(「東文彦作品集」)
序(細江英公写真集「抱擁」)
いかにして永生を?
青年について
インド通信
「朱雀家の滅亡」について
紫陽花の母
「友達」と「萬延元年のフットボール」−谷崎賞選後評
無題(「坂口安吾全集」推薦文)
解説(川端康成著「眠れる美女」)
もっとも純粋な「魂」ランボオ
無題(同人雑誌賞選評)
習字の伝承
「花ざかりの森」のころ
日本の古典と私
愛国心
円谷二尉の自刃
「文芸文化」のころ
無題(山下清澄個展推薦文)
荒野より
二・二六事件について
無題(寺崎武男回顧展推薦文)
典型的日本人−芥川賞選評
「仙洞御所」序文
無題(横尾忠則遺作集」序)
銅像との対話−西郷隆盛
「黒蜥蜴」
無題(人間国宝新作展推薦文)
野口武彦氏への公開状
「サムライ」について
小説とは何か
古い春
デカダンス美術
白い人
本物の写真家
「道成寺」私見
作品の背景−「わが友ヒットラー」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る