愛宗小言
宗是実行の三策
読余の慨
闔宗諸士に望む
近世浄土宗と厳島学人
鬼畜
念仏論−特に経典に現われたる観念々仏につきて
念仏三昧論 正続
元興寺智光の浄土曼荼羅
元祖教学の思想的研究−特に念仏思想と門下の動向について
浄日宗論史的考察序論
法然上人の念仏義と門下の論点
西山の機法一体説抄出
七難生滅の念仏
選択集に対する当時諸家の謗難と反駁
真宗の念仏論
浄土宗に於ける念仏数遍の意義
称名と滅罪
導師の観経疏
法然上人の遺文にみられる他力の用語例とその内容の解明
法然門下の三心論
一念多念論
摂論学派の浄土観
金沢称名寺金堂壁画弥来迎図
念仏と戒行
一遍上人の伝歴の二、三並に思想吟味
法然上人の教判観
善導教学の特色
六大徳相承説について
法然上人の本願論
法難に関する資料としての三長記
慈教大師徽号勘文功
類聚貞伝集 類聚定伝集解説
「選択本願念仏集」における二、三の問題
法然門下について−特に天台宗教団との関係
法然上人の叡山修学について
一枚起請文について
鏡像円融及び金剛宝戒疑問の事
浄土教の菩提心に就いて
浄土教の源流
法然上人と親鸞聖人
法然上人の三部経観
絵画彫刻に表われたる?ヮョ木造仏教建築の細部様式に関する研究
法然上人語録研究序説−特に語録研究の回顧と展望を中心として
平家物語に現われた法然上人像
宋代の浄土教に就いて
四十八巻伝製作私考
唐大行和上と道鏡等の念仏鏡
報身仏の成立とその意義
臨終行儀について
法然上人と円頓戒−色心戒体の論争について
法然上人像について
法然上人の阿弥陀仏観
化他五重諸書解説
隆寛の立場
選択集研究の過去及将来
別異弘願集の作者浄遍について
源智と静遍
日本仏教建築の平面量記述法に就いて
記主禅師の四十八ヶ院御建立の伝説に就いて−附 禅師の伊勢路御勤化に就て-
法然上人の大胡消息について
略論安楽浄土義に就いて
五書文献史 1(大原談義、興御書、法然上人伝)
法然上人の宗教生活にしめる経済的役割について-特に経済観と経済生活を中心としての試論
日本仏教初渡の年時に就いて
記主教学の特色に就いて
浄土教の先駆及び主唱者
法然門下における信空と聖光
四十八願の分類に就いて
不浄観に関する図像に就いて
法然上人の阿弥陀仏観の一瞥
仏陀観発達史上に於ける阿弥陀仏の研究
般舟三昧経成立私考−特に道行般若経との関係に就き
散心問答と明遍
慈鑑和尚の厭欣思想
五書文献史 2(一枚起請文)
選択本願念仏集管見
世親の往生論に現われたる弥陀浄土観
「絵で見る法然上人伝」の刊行
杭州浄慈寺に於ける浄修者と無量寿懺法 1
浄仏国土の意義に就いて
浄土三派の名号釈
江戸時代浄土学の教学について−安誉虎角の四義説
記主門下の弥陀十劫久遠説
二十五菩薩和讃の本文校異
起信論の専念阿弥陀仏説に就いて
浄土群疑論標目考
法然上人における教団的組織の基本的性格について−特に専修念仏に対する弾圧の契機をめぐって−
興善寺所蔵法然上人書状に就いて
元祖の著及法語に現れたる恵心先徳
指方立相論
浄土宗義の実際化
恵空校合建暦版選択集に就て
浄土学関係雑誌論文目録 2,3,
浄土三派の「乃至十念」釈
覆刻再刊「浄土学」経過報告
道安造像及び其の信仰
白雲宗は偽装摩尼教なり
文禄慶長の宗論に就き
瞑想の青、胎生の赤

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る