辺境の開発と長者伝説
初期中世社会史の一齣−産業と交通をめぐって−
播磨国福泊と安東蓮聖
神崎川の河口における港の発達
平安時代の祈雨奉幣
宇賀道者源氏鑑
平安時代前期の大中臣祭主家−祭主制度成立に関する一試論
律にみえる「大社」についての一考察−唐律との比較を中心に
平安時代宮廷の神仏隔離−「貞観式」の仏法忌避規定をめぐって
賀茂・石清水・平野臨時祭について
奈良・平安時代における疫神観の諸相−杯(椀)・皿形人面墨書土器とその祭祀−
尾張国大県神社考−九条家による荘園的領知を中心として
駿河国式内社の浅間神社
わが国の神仙思想と修験道
熊沢蕃山と神道および「社家神道」
日女命(ひるめのみこと)=卑弥呼の表記と復原
「天乃美賀秘」「天乃和」−出雲国造神賀詞の問題点
出雲国造三火の秘書
熊野信仰と円城寺
最澄と神道
市川匡に就いて−「まがのひれ」前後の足跡
「中臣祓義解」開題ならびに校訂
大阪府下の神社造替と豊臣氏について
松坂城下町における社寺の機構と伝承
「心学五倫書」再考
金沢文庫本の「対馬記」について
真福寺本の「古語拾遺」に就いて
井泉神と式内社
吉備津神社における神仏習合と分離について
伊呂波字類抄と神名帳について
「大神宮諸雑事記」真福寺本系の諸本
吉田卜部氏の発展
伊勢神道と末法思想
中世祭祀論の一典型−花園天皇「誡太子書」とその祭祀論
貴布袮縁起について
熊野別当と同系図について
「八幡宇佐宮御託宣集」所収史料の一考察
春日社記の成立過程について
百太夫を祀る神社
能登における東照宮の研究
権現から大明神への道−地方式内社の近世史
「祝詞解」「祝詞考」の諸本
江戸節用集「天皇紀」小考
「福羽美静談話」にみる維新神祇行政の諸相
昭和大嘗祭の神饌
皇位と憲法についての一考察−律令・帝国憲法・日本国憲法の比較から
西洋人の眼から見た神道
SHINTO-AS SEEN THROUGH WESTERN EYES
平安前期 神社祭祀の「公祭」化
古典の語る罪穢と祓禊−その政治的性格について
竈門神社の祭礼と「水鏡」神事
竈門神社の宮座
装飾古墳壁画の一解釈−楯と靱と同心円文
神話と祭り−高天の原の鎮魂と地上の鎮魂
記・紀「祖氏族」記事と成立論
卜部の成立について−対馬からの視点
他田日奉部について
天智天皇の不改常典
大宝以前における年号の性格−皇位との関聯を中心として
日唐律令における君主の称号について
忌柱による天平賀
奈良朝宮廷の忌斎−わが国における忌日・周忌の起源
大祓研究序説−養老の「神祇令」を通路として
神戸の丁数と租数
新年祭奉幣制度の衰退
山陵奉幣に関する一考察
「日本書紀」にみえる宴と「続日本紀」にみえる饗について
宮中儀礼に於ける獅子狛犬成立の思想
「内裏式」の成立と復原
天仁元年大嘗会について
式内社の歴史地理学的研究の課題と方法−山城国の場合を中心にして
国家と法−日本法学の確立のために−
大化改新前後の國家観に関する一考察−「御宇」考
垂加神道と正親町公通
氏令考
「オハケ」採訪記
古典と國体理念
幕末國学の一方向
神楽歌の道徳
野洲郡大笹原神社の富屋神事
神ながらの世界観
御陵威と生命
飛鳥奈良時代の神道関係
神社整理問題の史的考察
伊勢天照皇大神宮称宜譜図帳について
惟神大道の本義と宣揚
梅辻規清遠流始末
古道と真心−宣長理解の一通路
切支丹禁教立法理由考−信教自由則定立前史の一節
神道思想と歴史主義の問題−日本文化史序説
國学に於ける平田篤胤
國学の立場
幕末より明治初期に於ける排耶論について
北辰の崇敬と度会氏の岡崎宮
「しき嶋のやまとごころ」の歌について
生みたまへる國土
常陸風土記の地理学的性格について
明治初年に於ける教会講社の展開について
神社と日本文明
大日本洲大宗秘府に就いて

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る