宗像大菩薩御縁起と八幡愚童訓
同体異名の神観
下野国の国史現在社
海北道中の神
祇園御霊会の山鉾と謡曲
宗像・沖ノ島の祭祀遺跡
祇園祭山鉾小考
鶴岡放生会職人歌合について
吉川神道の死生観
「一実神道秘訣」について
中世都市鎌倉と若宮大路
日光山宇都宮因位御縁起
荷田春満の事ども
家康公と神道潅頂
「府中」か「衆中」か−「鶴岡事書日記」の記述をめぐって−
国学史からの展望
三輪流神道について
伊勢の旧社雑記(部分)
治世の本
街頭伝導の先駆者
日本学士院所蔵「職原鈔注釈」等について
残口と江戸文学
本地垂迹説管見
天神縁起のかげに隠れて
京都の神宮寺
「延喜式祝詞」の製作年代
高橋氏と国造
水田耕作と供犠
「新撰亀相記」管見−黄泉の国の条を中心に−
祈念祭・月次祭の祝詞とその祭旨
平安時代における典籍の利用-古記録・儀式書を中心として-
武蔵武士と神々
熊沢蕃山論
庶民生活の中の神
奈良仏教の歴史と現在
若林強斎遺言状について
蕃山・神職請・神祇不拝
神道書総目録の編集と神道書フィルム・ライブラリー設立の提唱−「神道大系」完遂の要件として−
日本紀略に関して
瀧津亭の神学的根拠
前田育徳会尊経閣文庫所蔵「北山抄」の周辺
神宮文書について
古記録の校訂に寄せて
天皇不親政の伝統と神鏡の祭祀
神にまつられた代官
飛騨の神社
近世後期の神事祭礼興行
美濃ゆかりの若水
平重道博士と吉川神道
平安貴族と陰陽道−とくに藤原道長を中心として
大峰山の峰中記と絵図
中世社寺王国紀州
淡路神社調査の一問題
刊行のことば
紀伊国伊都郡相賀庄と神社
「麻郡神社私考」について
不死鳥「古事記」
鎌倉幕府と九州の神社
奈須の与一
書かれた「古事記」
阿蘇神社の田作り神事
神竜院梵舜のこと
若狭三方郡の神事能と翁神事
日吉社家の唯一神道受容について
“国神”と“渡来”人
宮廷に於ける白川伯王家と吉田家の職掌の相違
菅原道真と紀長谷雄
賀茂と松尾の雷神たち
道賢上人冥途記
豊国大明神臨時祭りの芸能
験の杉と熊野詣
律令制と明治維新期研究
大願寺のことなど
小朝拝に見られる九条・大江両家の所伝
大江匡房の後三条天皇
厳島神社文書あれこれ
延元三年秋の海難
天武天皇壬申紀の虚実
北畠親房の古今和歌集注について
宮島管弦祭−現況を中心に
出雲大社における孝明天皇攘夷御祈願文書
敏達天皇系譜記事の一考察−「記・紀」の文献的相互関係によせて−
神道大系「出雲大社」に寄せる
延喜式と神祇
「延喜式」に見える小子部(子部)氏に就いて
縁起の検討
「延喜式」校訂考証一題
為縄本日本書紀の一書
飯豊皇女をめぐって
鎮守の森の神宮寺と講
北海道神社小史
北海道の神社と祭神
近世蝦夷地神社史研究の課題
太宰府・鴻臚館・観世音寺
式内社に関する若干の歴史地理学的想い出と今後の問題点
備前鏡石と神官八木氏
大内義隆発給の大府宣
日吉神社と木ノ岡古墳群
キビツヒコ神とその周辺
吉備の古代氏姓-高野神社随神像銘・天桂寺阿弥陀仏像胎内文書

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る