瞽女の宗教性
土と稲荷信仰
海と黄帝信仰−その実態と伝播−
湖北における修正会とオコナイの源流
明治以降の土御門系陰陽師
「神峰山秘密縁起」の奥書を検証する
高海上人と「那珂湊補陀洛渡海記」−解題と翻刻−
競技研究の現状−相撲研究のいま−
日記念仏信仰
廻国行者と天蓋六部-「日本九峰修行日記」の提起する二、三の問題について-
仏教民俗学に新機軸−五来重氏を偲ぶ−
熊野新宮の修験組織と活動−近世本願の動向を中心に−
盆行事と社会組織−鳥羽市石鏡町の盆行事を中心として−
もと高野山の学侶龍渕の在地宗教活動−芦峅寺一山とのかかわりを中心として−
一般哲学史
山口県から見た北辰信仰の諸相
備後三原地方の妙見信仰
旗幟にみる呪符性
北斗七星と南斗六星の伝承
昔話「星女房」の行方−南島の伝承のなかに
神奈備の杜
神奈林と自然保護
少年の森
恩寵
山・杜・榊−大きなモリ、小さなモリ−
神のおわす杜
カミとモリ
神と榊−ヒモロキ考−
神々のふるさと
神聖なる木の東西
サカキの歴史
神人の際
森の迷宮の再現としての聖空間の構成−西欧宗教建築に見るその意義
「社」と「杜」の文字について
ガリアの森−神々の住まい−
中国古代の社と林叢
鎮守の森と神社林
沖縄の神と杜
ボントック族における聖樹と集落
神木思想と陰陽道・仏教の交渉
わが鎮守の森−神と杜−
彌彦山と越後一の宮
沖縄の位牌祭祀
王権と大嘗祭をめぐって
天皇制の柔構造
聖徳太子信仰 天皇崇拝の源流
アジアのなかの天皇制
日本人の宗教的アイデンティティ
皇子誕生の秘儀 魔術王の系譜
女性化した男をとりかこむ女性たち 普賢十羅刹女像をめぐって
神々の原像
日本星神信仰史概論−妙見・虚空蔵信仰を中心として
<天??>呪符成立−日本古代における北辰・北斗信仰の受容過程をめぐって
日本古代における北辰崇拝について
斎王群行と北辰祭について
天文道と宿曜道
疫病と神祇信仰の展開−牛頭天王と蘇民将来の子孫
日本に於ける疫神信仰の生成−蘇民将来と八坂神社の祭神研究
度会氏の星宿信仰−「高庫蔵等秘抄」をめぐって
中世の妙見信仰と祭祀組織−千葉氏の守護神と金剛授寺について
妙見信仰の千葉氏
大内氏の妙見信仰と興隆寺二月会
陰陽道祭についての一考察−若杉文書を中心として
中国から日本へ−星をめぐる民間信仰
船と航海と信仰
星辰祭祀の残存とみられる地名について
大山荘の神社と信仰
修正会の龍天・毘沙門・鬼
田楽の呪術的機能
中世丹波の猿楽
中世丹波の田楽
市原・今田の雨乞踊
下大市(兵庫県西宮市)の社会組織と祭り
住吉神社(徳島県板野郡藍住町)の祭り
奥小野(兵庫県出石郡出石町)の祭り
小野奥谷(兵庫県多紀郡篠山町)の権現当
沢田(兵庫県多紀郡篠山町)のハモ切り祭り
大野(兵庫県多紀郡篠山町)の講当
見内(兵庫県多紀郡丹南町)の講当
民衆宗教の新たな諸潮流
洗脳・教育・信仰
わが靖国闘争−わが靖国の思想とはなにか−
現代科学概論
からゆきさんとわが心の旅−ある友人への書簡−
わが内なる靖国−アジア懺悔行から8・15三木靖国参拝まで−
社会不安と宗教組織−新宗教の組織論−
ほんみち−聖地建設とひのきしん−
天照皇大神宮教の三十年
神様のみことばにも著作権はあるか
近代沖縄における戸籍制度の一端−戸籍法の施行から壬申戸籍の改製まで
出産に関する古文書「好生要伝」
「琉球官話集」補注追攷
「おもろさうし」と地名
オモロにおける神女のモチーフ
仲松先生と私
仲松弥秀先生と南島地名研究センター
字誌づくりと小地名
仲松オジー
小野原荘の成立と中世の祭祀組織
近世村落の成立と宮座

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る