民衆宗教 −その表と裏−匿名座談会
北の南・アフリカのシャーマニズム
宗教的旅人としてのシャーマン
古代国家と民衆教化の風俗
古代出雲の寺と新造院
日本中世前期の民衆生活と境界表記
中世の民衆救済の諸相−橋勧進・非人施行・綴法師
戦国期公家の文化活動−日記に見られる御伽草子
近世蝦夷地における儀礼支配の特質-ウイマム・オムシャの変遷を通して
不受不施派農民の生活と信仰
如来教の恩寵的救済観と統一的世界像
横井小楠−「癸丑黒船」前夜までの公議輿論尊重の政治思想の形成過程
倭族の他界観
縄文集落の構造と他界観
大覚寺の障壁画
いわゆる方形周溝墓の供献土器について
疫神信仰の成立−八、九世紀における霊的世界観
沖縄の風水信仰について
他界・鍛冶屋・村落−琉球狐の鍛冶神をとおして
祖先霊来訪の民俗儀礼
近世における寺領山の解放
近世村落の村境と他界観
年中行事の役割について
共産主義者にとって宗教とは
猿田彦考
大国主
葛城一言主神
ニフツヒメ
氏神、産土神としての加茂社
八幡神の一性格
祇園御霊会
祇園会の沿革
祇園祭の諸行事
祇園会覚書
御霊信仰と天神
和光同塵
衆生擁護の神道
神葬祭の成立
石田梅岩と神道
東南アジア華人社会のシャーマニズム
日本のシャーマニズム
奄美地方のシャーマニズム
ユタとウマンチュ
台湾漢人社会とTONGKIの構造的連関
インドネシア・バリ島のシャーマニズムとコスモロジー
パラオのシャーマン
韓国シャーマニズムの現状
宗教者の原理と共産主義
生月の旧キリシタン
芸能史の研究と柳田国男
柳田国男とハイネの「諸神流竄記」
日本仏教の成立
神と仏
東大寺のお水取り
梵釈寺蔵経について
郷里の念仏
六波羅蜜寺の歴史
当麻寺と来迎会
唱導・説教の源流
雲林院の菩提講
盲人法師とその伝承
普化宗考
伊丹羽妙楽寺の絵系図と系図まいり
南都仏教の興隆
元興寺極楽坊発見の和讃と祭文
元興寺極楽坊発見の紙背文書および暦
近世の世俗主義と仏教
小栗了雲事蹟考
安祥院と木食養阿上人
神道原始
神道の基本的生活
祖先崇拝の源流
古代の寿詞
古代の罪と祓についての再考
六月祓
晴れの日の食物−岩手・宮城・福島周辺−
岩崎敏夫の人となり
民間信仰の課題と研究
東北の祭に残る古代性
アイヌの信仰と祭
田島祇園の党屋神事
塩釜神社藻塩焼神事
室根神社の祭と神役
箟峯寺の正月行事
都々古別・伊佐須美神社のお田植神事
鹿島日吉神社のお浜下りの意義と考察
民間信仰の研究課題
解説 岩崎民俗学の軌軸
民間信仰論
民間信仰
日本民俗学序説
未来の信仰
七夕習俗
稲荷まつり
里の神楽
中世荘民の生活
湖国の歴史と伝承
近江の山の神まつり
兵庫県の民俗
三大秘法抄

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る