磐城巫女調査覚書
八葉寺小型木製五輪塔調査概略
福島県巫女調査覚書
東北のオシラ信仰
磐城における講の資料−無常講、其の他−
相馬の宗教移民の同化について−福島県海岸地方の移住
封建制を超えた二宮尊徳の相馬仕法−相馬仕法の特色−
祭の原点−東北地方の祭り−
辛夷の花−宮城県升沢船形山神社の作祭りの意義
農村の祭りに残る新嘗の習俗−宮城県米倉鹿島神社の献饌
農耕神事の一形態−福島県御宝殿熊野神社祭礼の分析−
修験道の裸の火祭り−岩手県黒石寺の蘇民祭−
昔話婚姻譚の考察−話型の分析−
福島県における昔話の分布
福島県の民俗調査の中から
宮城県の民俗調査の中から
岩手県の民俗調査の中から
民間療法
神送り・人形送り・虫送り等の風習
岩手のザシキワラシ
絵馬に見る東北の人と風土
相馬野馬追の意義と考察
相馬の修験道−上之坊寛徳寺の五百年−
民俗のふるさと
宮城周辺の野の信仰
舞踊の発生
伊勢信仰−江戸時代の民間信仰いろいろ
稲荷信仰−江戸時代の民間信仰いろいろ
お札と小絵馬−江戸時代の民間信仰いろいろ
庚申信仰−江戸時代の民間信仰いろいろ
地蔵会−江戸時代の民間信仰いろいろ
愛宕信仰−江戸時代の民間信仰いろいろ
巡礼と霊場−江戸時代の民間信仰いろいろ
性信仰−江戸時代の民間信仰いろいろ
代参講−江戸時代の民間信仰いろいろ
「御鍬」の神事と年中行事
東北民間信仰の特質
東北のハヤマとモリノヤマの考察
福島金沢の羽山篭り
山形県清水のモリと三ヶ沢のモリ
「遠野物語」の成立はしがき−東北民間信仰の原点として−
遠野物語の成立
霊魂の再生と祖霊観−東北の民間信仰を中心として−
神と仏教と人
氏と氏神−相馬・磐城地方に於ける−
山と日本人の祖霊観−はやま信仰の周辺−
信仰伝承論−民俗の世界から−
氏神まつり−相馬・磐城地方の氏と氏神−
修験道よりみた福島県の山岳信仰
たま鎮めとたま振り−民俗学と考古学との接点から−
中世岩手県の庶民信仰資料−納骨五輪塔・笹塔婆・巡礼納札・まいりのほとけ−
念仏聖の伝承文芸−沖縄のニンブチャーの場合−
巫女の伝承文芸−西南日本−
巫女の伝承文芸−東北日本−
盲僧の伝承文芸
瞽女の伝承文芸
漂泊漁民の伝承文芸−「浮鯛系図」考−
狩猟民の伝承文芸−磐司磐三郎の系統−
木地屋の伝承文芸−高倉大明神旧記の唱導とその背景−
金屋の伝承文芸
ことわざの宗教性
童詞・童謡の宗教性
民謡の宗教性
語り物の宗教性
昔話の宗教性
伝説の宗教性−固有信仰考察の展望と問題点−
麻疹
民衆信仰と真宗異義
境内神仏と縁日開帳
祀り棄ての論理
疫神と福神
金屋子神にみる職業の成立
願掛重宝記
信仰の伝播者たち
日本人と民間信仰−たてまえの信仰・ほんねの信仰
宗教団体の社会事業
宗教民俗芸能総説
湯立神楽とその信仰
法印神楽の宗教性
山伏神楽と修験道
蔵王神楽と修験道
遠山霜月神楽と坂部冬祭り
田遊びと信仰
敦賀市野坂の田遊び
新野雪祭と宗教
西浦田楽と宗教
吉良川田楽とその信仰
平泉毛越寺延年と仏教
長滝六日祭延年と修験道
隠岐島前神楽の切紙について
能郷申楽能と修験者
国東半島の鬼会と呪師
修正会修二会と呪師
融通念仏と六斎念仏
風流大念仏と遊行聖
東海地方の大念仏
民間宗教文芸総説
祭祀と神話
法会と唱導
山伏の伝承文芸−山伏の祭文−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る