宗教教育の理念
宗教教育と信教の自由−教育過程改定について−
明るい旅
天地さん
竹村常次著「人間荘厳経」序文
秀史という男−「続ひでちか人生」に寄せて
福林正之先生を悼む
青春無頼
松本独り歩き
「盃独楽」あとがき
教派神道
敗戦直後における一民衆の憲法改正構想−中村斉「流言蜚語録」にみる
仏教の人間観
神道の異境訪問説話−神道的人間と指向する世界
儒教の遺産
科学の進歩とキリスト教人間観
哲学および神学から見た人間像
比較人間学の試み
親鸞思想と靖国神社−公式参拝に反対する真宗者の立場
信教の自由と政教分離の原則
山口地裁殉職自衛官合祀判決について
靖国神社「公式」参拝強行の波紋
教祖と宗教的指導者崇拝の研究課題
ヴェーバー社会学におけるカリスマ論の位置
自己受容化とカリスマの成熟−円応教教祖深田千代子の場合−
現代新宗教におけるカリスマ−高橋信次とGLAに関する一考察−
宗教教育論の展開
救済体験と宗教的権威の形成-ウェスレーとメソディストの場合-
分派教団における教祖の形成過程−妙智会教団の場合−
教祖のドラマトゥルギー−カリスマの制度化と継承−
信者の意識から見た仏教運動の創始者−大日本仏教救世軍と真田増丸−
蒙古来襲期における仏教系新宗教運動とその教祖達−叡尊・忍性日蓮・一遍−
中世の宗教運動とその創始者−特に伊勢神道発生に留意して−
仏教哲学
縁起と業
信仰
仏性
神話
国家と宗教
宗教と道徳
生死
救済
回心
懺悔
持戒
清貧
行道
教団
キリスト教者たるの理由
仏教徒たるの理由
古代国家の民衆教育と風俗
古代出雲の寺と新造院
日本中世前期の民衆生活と境界表記
神習教
中世の民衆救済の諸相−橋勧進・非人施行・綴法師−
戦国期公家の文化活動−日記に見られるお伽草子−
近世蝦夷地における儀礼支配の特質-ウイマム・オムシャの変遷を通して-
不受不施派農民の生活と信仰
如来教の恩寵的救済観と統一的世界像
横井小楠−「癸丑黒船」前夜までの公議論尊重の政治思想の形成過程
吉本襄小伝
河上肇「貧乏物語」への軌跡-国家認識・民衆認識を基軸に
宗教における普遍と特殊
キリスト教における普遍と特殊
初期新宗教における普遍主義
現代日本人と宗教
日本人の宗教思想−“ますらをぶり”と“たをやめぶり”
世俗社会日本に見る宗教
日本人の宗教意識再考
ラテン・アメリカの宗教
アイルランド問題と宗教
アフリカの近代化と伝統意識
中東社会における「イスラーム」
現代アメリカの世俗宗教
西洋近代社会と世俗化
比較文明論からみた世俗化
宗教教育論の展開
現代世界における宗教教育
現代日本における宗教状況
現代日本における宗教状況
宗教と哲学
宗教と文化
宗教心理
神聖なる実存 上
神代巻聞書
既成仏教における民衆宗教運動−呑龍講形成のばあい−
日蓮における宗教的象徴と鎌倉後期武家社会
周辺体験と思想形成−仏立開導長松清風の場合
新宗教信者の宗教経験−K会の事例
大本教の大正期の発展について−信徒の回心状況から
宗教言語と日常言語−日本の宗教文化理解の一視座として
聖俗世界への解釈視角−〈宗教的世界〉把握における多元的視角の検討
無名の神、普遍の神、結縁の神
復古神道の形成過程における外来思想への対処−篤胤・隆正ににとっての「耶蘇教」−
カリスマの変容と至高者神話-初期新宗教の発生過程を手がかりとして
サラワク華人社会の民衆教団−適応とアイデンティティ−
ジャワ聖墓巡礼考−イスラームと土着的伝統主義−
南アジアにおける民衆宗教スーフィズム−聖者崇拝を中心に
仏教者の宗教観
南アジアにおけるバクティ思想の流れ−古代から中世へ−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る