一遍智真の善光寺参篭の意義
布施弁天と庶民信仰
平田神道の複合的性格−「毎朝神拝詞記」と「玉たすき」を中心として
内村鑑三と浄土門−仏典理解の傾向性について
苦悩に意味はあるのか−小説家から見て
人間の業と罪−宿業の転成
原罪と業−現代的解釈の光のもとで
現代人の死刑囚的状況
現代人にとって死とは何か−死の問いの意味
死について−キリスト教的省察
現代宗教の苦悩と課題
現代の危機にたちむかう−仏教の主体性について
精神治療と宗教
社会問題と信仰
国際化の悩みと信仰
現代社会と司祭の悩み
実行教
禅・剣・筆による人間教育
書は人なり−筆禅道と人間形成
ヨーガの身心に及ぼす影響
比叡山の修行
禊祓について
修験道の行法と人間形成
行を媒介とする真の自己の獲得
修行三界
イエスズ会の修行と人間形成
現代日本の教育における修行の意義
玉津嶋明神事
かくれ念仏の論理−「法要章」を中心として
村落共同体の宗教機能−沖縄県来間島の部落祭祀と民間信仰
明治基督者の生活意識
民間信仰の機能的境位−創唱宗教と固有信仰の接点
下北の他界観と葬制儀礼
霊魂観の一考察−津軽平野における地蔵信仰を中心に
四国遍路の行者とその宗教活動−宥弁真念「四国遍礼功徳記」を中心に
治療儀礼に関する一考察−修験道と民俗をめぐって
不二道と性
〈呪詛〉あるいは妖術と邪術−高知県物部村の事例
子供神の変形
奈良時代の仏教的祈雨について
「日本霊異記」の一考察−仏教の受容をめぐって
勧進聖と神祇−重源の東大寺復興過程を中心に
ゼウスとキリスト教
中世における稲荷神社とその祭礼課役-「馬上役」を中心として
寛文年間における岡山藩の神社整理
家の宗教性喪亡過程−明治初期戸籍簿の記載様式にみる
日露の開戦と日本ハリストス正教会
民衆のなかの先祖観の一側面(一)−霊友会系教団の場合
教義解釈の変更をめぐる一仏教教団の葛藤過程−日蓮正宗における妙信講問題の事例−
「日本霊異記」の蘇生説話一善悪の問題を中心として
宮中御窟院
日米問題と日蓮主義
日蓮主義大観
立正安国の現代的意義
本尊論批判
無常より信愛へ
昭和維新
共産党事件に直面して仁王護国経の一節を読む
新興仏教運動の進路−一斉に仏陀の大傘下に帰れ
新興仏教への転身
反宗教運動批判
農村の窮迫と農村寺院の運動
社会変革途上の新興仏教
仏教と平和運動
曹洞宗団の今日と明日
浄土教団の今日と明日
カトリック教会の今日と明日
神社神道の現状と教化
現代社会と宗教−生き甲斐模索のリーダー
報恩大師伝説考−古代の備州民衆と仏教−
オリュンポスの神々と英雄たち
柳田国男における先祖観の展開
古代における優婆塞・優婆夷について−特に天平十七年期を中心として
定額寺の成立と変質−地方定額寺を中心として−
中世における女人往生思想−「女人往生集」の場合
武家平氏の浄土信仰
重源における作善の意義−「南無阿弥陀仏作善集」の分析を中心に
備前国金山寺の上訴について
民間宗教者の一典型−近世浄土宗の道心者について−
稲荷信仰の浸透
宗教は信ずべきか
プロレタリア・ヒューマニズムと宗教
宗教的平和論批判
ブルジョワ思想とのたたかい
トインビーの三つの転機
現代文明と世界宗教
トインビーの仏教観
世界国家と世界宗教
トインビー文献目録(日本)
政治と宗教
七世紀の仏教統制について
親鸞の東国下向について
北上州における曹洞禅の伝播について−白井長尾氏の場合
日親における謗法の論理−政治と宗教の対決をめぐって
寛永の諸宗末寺帳について
エレウシスの密儀
関東浄土宗教教団の末寺統制−檀林における本末関係をめぐって
近世における寺院の「組合・法類」制度について
江戸時代における政治権力と仏教-「妙好人伝」を中心として
人神の一課題−政治神の観念をめぐって−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る