美作国における鉄穴稼と濁水問題
津山藩の心学
津山藩における家業督促策
真宗門徒と民俗宗教−幕末における近江堅田門徒の場合
華頂宮博経親王小伝
大正期石川県の清沢満之の門弟達
奈良朝写経所の一考察
院政期における天台思想の展開−皇覚を中心として−
曹洞禅の弘布とその外護者
一向一揆の本質
戦国武士と真宗
近世における政治権力と宗教的権威
キリシタンの信仰事情
明治仏教の社会的活動
民族信仰の特質
蟻通明神事
名古屋熱田・秋葉山円通寺(補陀山円通寺)
北海道帯広・秋葉神社
越後栃尾・清滝山常安寺
尾張小牧・大叢山福厳寺
戸隠宝光社・秋葉三尺大権現本宮
高知県高岡郡仁淀村・秋葉神社
「雄略記」所載吉備氏反乱伝承の史料についての一考察
蕃神渡来考−重層的信仰の形成について
「日本書紀」にみえる饗について
八・九世紀の古墳再利用について
東大寺創立に関する一考察
京都今熊野亀塚経塚出土の瓦経について
〈夢〉信仰の軌跡−古代・中世精神史一面
毘沙門堂と明禅
中世の鎮守神信仰と北野天神
大燈国師の一側面
播磨国平位荘・桑原荘について
十四・五世紀の村落における勧進について−近江湖東・湖南の神社勧進を事例として−
売券・寄進状からみた村落生活-今堀日吉神社文書の場合
崇高院流と入江殿(三時知恩寺)
真宗の講・寄合
中世法華門徒の比企・池上・身延参詣について
神道の憑きもの落とし−「蟇目の法」をモチーフとして−
カミ、つきもの、ヒト-島原半島の民間信仰をめぐって-
カミ、つきもの、ヒト-島原半島の民間信仰をめぐって-
憑霊信仰研究の回顧と展望
秋葉信仰研究史素描
火と水の信仰
秋葉信仰の成立
秋葉山三尺坊小考
遠州における秋葉信仰の展開
近世秋葉山の組織と祭祀
秋葉信仰の神仏分離
東海道と秋葉街道
秋葉街道覚え書-その信州への道
秋葉山常夜灯から見た秋葉街道
秋葉講から見た秋葉信仰の現状
秋葉講・代参講の組織と形態
アンケート調査から見た秋葉信仰
正一位秋葉山権現略縁起
羽休秋葉大権現縁起
越後国古志郡大嶋庄惣鎮守金峯山蔵王大権現由緒(一部)
秋葉山秋葉寺
可睡斎
小田原・秋葉山量覚院
秋葉権現の祭祀と儀礼
清水秋葉山本坊峰本院
葛飾北峰の宿考
大黒神像の変遷
大黒神考
大黒天再考
大黒天神信仰
マノフィカ(MANOFIKA)−印相と大黒天−
大黒天
福神−えびす・大黒−
千秋万歳と大黒舞 付猿舞わし−正月の門づけ−
福神狂言の形成
中国地方に於ける大黒巡遊
恵比寿・大黒・福の神
宮城県の農耕儀礼の一考察−大根をめぐる伝承を中心として−
大黒さまの「かるいひも」
毛坊主の村
大黒様
大黒信仰研究の成果と課題
憑きもの
憑霊現象と特殊家系
狐持ちの発生を探る
乱心・狐憑・指篭入れ
中央高地における一迷信の地域的基礎
憑きもの現象と社会構造−社会人類学的アプローチ−
群馬県南西部におけるオサキモチ信仰とサンリンボー信仰の社会的意味
憑霊と除祓 −「憑く・憑ける・憑けられる」の三元構造−
上野国一宮事
久遠の童形神−イメージの化石を掘る−
聖童女・大物忌・聖童男・戸座
斎宮−神域の少女たち−
「童」と「翁」−日本中世の老人と子どもをめぐって−
稚児と天皇制
慈童説話と児
翁の発生
翁童信仰の研究成果と課題
えびす考
夷神再考
「藤浪時縄と田中信謹」のエビス神考証

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る